子ども達のおかしな話

子どもというものは色々と妙な事をやってくれます。
どこの子も同じなのでしょうが。
ちょっと自己満足の世界かも知れません。


お○んちんばあ事件(97.09.17記)

お○んちんばあ事件

 ほなみが2才になったばかりの頃。
 風呂上がりに頭をふくとき、いやがらないように「いないいない、ばあ」と言いながらふいてあげる。その日も同じようにして頭をふいたが、ふざけていて体の方はなかなかふかせてくれない。そこで頭と同じように「おなかおなか、ばあ」と言っておなかをふいてあげた。すると、なんとほなみはタオルを持った手をさらに下の方にやって、嬉しそうに「お○んちん、お○んちん、ばあ」といったそうな。女の子だろ!

最終更新日97.09.17