大分の山のコース 赤川(温泉)登山口から久住山、扇ガ鼻(積雪期)
南登山口から久住山

[南登山口から久住山]

登山道から久住山

[登山道から久住山]

扇が鼻の霧氷

[扇が鼻の霧氷]

扇ガ鼻山頂から

[扇ガ鼻山頂から久住山]

1 コース 赤川温泉まで
   車利用の場合                                                           2分
   大分市、竹田市、九州横断道路(瀬の本)方面から国道442号線沿いの久住山荘(国民宿舎)⇒⇒⇒赤川温泉

            1時間40分      40分        30分     1時間40分
     赤川温泉(登山口)→→→→→扇ガ鼻山頂→→→→→久住分かれ→→→→→久住山→→→→→赤川温泉

 2 見どころ 久住山の南面の雄姿、久住高原の風景、扇ガ鼻からの展望
 3 コースのコメント  
   ・冬季は国道442号線の赤川瀬の本間は積雪、凍結等でチェーン規制の時があるので注意。
    自家用車のチェーン等の装備は必要です、車の場合赤川温泉手前まで行ける。
    赤川温泉の手前に車を停める場所がある。(林道分岐点付近)
   ・赤川温泉から扇が鼻へのコースは比較的急な登り道の連続ですのでペース配分を考えて歩きましょう。
    久住山は見る位置で景観が異なり、私は扇が鼻の途中からの雄姿が好きです。
   ・扇が鼻、久住山のどちらのコースも登り下りに使えるが雪解け時はスリップして歩きにくいので注意。
   ・積雪時は下りの時はアイゼンは必須である。(登り時は状況で使い分けが可能)
   ・体力や時間などによりコースの工夫が可能です。(扇ガ鼻の往復、久住山の往復等)


戻る