大分の山のコース 本谷山(尾平トンネル登山口コース)
尾平から天狗岩

[尾平から天狗岩]
本谷山から祖母連山

[本谷山から祖母連山]
大障子岩を望む

[大障子岩を望む]
ブナ林の登山道
[ブナ林の登山道]
                       30分         2時間10分   20分
1 コース 尾平トンネル登山口(宮崎側)→→→縦走路合流点→→→→→三国岩→→本谷山頂

          1時間20分      20分    20分
      本谷山頂→→→→→縦走路合流点→→尾平越→→→尾平トンネル登山口(宮崎側)

  (コースの時間には休憩時間等は含んでいません)

2 コースを地図で見る
3 コースをスライドで見る 
4 今回(2012年07月26日(木))の概要
 ・6月、7月と今年は雨が多く、たまの晴れの日は所用が有ったりで、ミヤマキリシマから一ヶ月半ぶ
  りの登山である。久しぶりに祖母山系の山に登りたくなったので今日は本谷山に登る事とした。
 ・県道7号を緒方から尾平トンネルまでのぼり、トンネルの宮崎側に着いた、此処までの道路は大雨の
  被害は特に感じられず問題なく移動できた。
  尾平トンネルから本谷山に登るには宮崎側の方が便利で有る。(トンネルの左右に登山道が有る)
 ・朝の6時過ぎに尾平トンネルに着き出口右側の広場に車を駐めて登山準備後直ぐに登山開始とした。
  トンネルに向かって右側の登山道に取り付く、古祖母山方面に登る時は左側の尾平越への登山道と
  なる。トンネルの右の小さな谷間を直登する登山道は大雨で洗われていて少し歩きにくいが30分程
  で稜線の祖母傾の縦走路に合流した、この時間、祖母山の稜線がきれいに見渡せる。
 ・ここから本谷山まではずっとブナなどの樹林帯の中の登りの登山道であるが、夏季は通り抜ける風
  が心地よい。
  登山道沿いにしげっていたスズタケは、今はほとんど枯れて見通しの良い登山道となっている、鹿
  の食害でスズタケが枯れてしまった様で有るが、この後には何が生えてくるのだろう、いずれ鹿は
  麓まで出てくる様になるのが心配で有る。登山道の途中に、鹿の害の植生への調査用の柵があった。
 ・本谷山の少し手前に三国岩と呼ばれる岩が有り、ここからふり返ると祖母山方面の展望が良い、今
  日はガスもなくきれいに見渡せる。ここから本谷山の山頂までは20分程度で到達できる、山頂は樹
  木に覆われていて残念ながら展望は良くない。三国岩まで戻り休憩した、その後尾平越まで時々展
  望を楽しんだり森林の風にふれながら下った。登山道にはブナの大木も有る。
  尾平越にて小休止の後、20分程で登山口に着いた。
  

戻る