大分の山のコース 黒岳(前岳)(白水鉱泉登山口コース)
前岳、上台間の稜線から

[前岳、上台間の稜線から]
登山道のシャクナゲ

[登山道のシャクナゲ]
登山道のシャクナゲ

[登山道のシャクナゲ]
ムシカリの花
[ムシカリの花]
             1時間50分    50分       40分    1時間30分
1 コース 白水鉱泉登山口→→→→→前岳→→→→→上台(手前)→→→→→前岳→→→→→登山口

  (コースの時間には休憩時間等は含んでいません)

2 コースをスライドで見る 

3 今回(2012年05月06日(日))の概要
 ・昨年、5月の中旬に黒岳(前岳、高塚山)に登った時、久しぶりのシャクナゲ時期だった事とちょう
  ど開花時期だった事もあり綺麗なシャクナゲの花の印象が強く残っている。そんな訳で今年もシャク
  ナゲの花を求めて黒岳(前岳)に向かった。
 ・6時30分に登山口の阿蘇野の白水鉱泉を出発した、連休中でありキャンプ場にはレジャー用のテント
  や車が駐まっていた。前岳までの登山道はほぼ直登するコースであり急な上り坂が続く、麓付近の
  シャクナゲはすでに花が終わっている様子であり、山の上部は見頃だろうと期待して進む。
  展望の良い露岩を過ぎて仙人岩を抜けた時ふと思いだした、昨年は此処の登山道脇のシャクナゲの幹
  に綺麗なシャクナゲが咲いていたのだが今年は花が無い自然界は毎年違った風景を楽しませてくれる
  ようだ。この付近のシャクナゲは見頃となっている。
 ・前岳に着くと北風が強く帽子が飛ばされそうである今日は寒気が南下して天気が不安定との天気予報
  で有ったが風は強いが空は薄曇り状態で有る。前岳から先はシャクナゲは少ないが上台の手前まで新
  緑やムシカリの白い綺麗な花を楽しみながら進んで前岳まで引き返した。此処で今日の初めての登山
  者と出会った。
 ・前岳から、シャクナゲの花を楽しみながら少し脇道に入ったりしながら時間をかけて登山口まで下っ
  た。昨年と開花状態は同じ時期であったが昨年の方が花が綺麗な印象だったのは気のせいか、あるい
  は昨年は春に雨が極端に少なく今年は雨が多かったこの様な気象条件の違いで花の咲き具合も変わっ
  てくるのでしょうね、だから自然の風景は見て飽きることがないのだろう。

戻る