アリキリ谷の上流で沢から支尾根へ出て稜線へ向かう、藪では無いので足場を見ながら登る。(平成23年10月27日)