久住山の東稜線から稲星山との鞍部を見下ろす、足跡も何もない一面の雪景色。(平成23年2月1日)