大分の山のコース 三俣山(ミヤマキリシマ期(H18年6日10日))
平治岳頂から
[登山道から三俣山]
平治岳頂から
[登山道から大船山]
平治岳頂から
[三俣山頂から九重連山]
平治岳
[山頂[四峰]から西峰]
1 コース 
                            10分      1時間       20分
 大分,湯布院,福岡方面⇒⇒⇒長者原(九重)⇒大曲→→→硫黄山林道→→→→すがもり越→→→→三俣山(西峰)
            20分      30分       50分
            →→三俣山(主峰)→→→すがもり越→→→→大曲
 2 日程   日帰り
 3 見どころ 三俣山のミヤマキリシマ
        三俣山からの360度の展望、登山道風景・(1)、・(2)、・(3)
 4 コースのコメント  
 
   ・登山口の大曲(横断道路の長者原から牧ノ戸峠への途中)までは自家用車またはタクシー利用となる。
   ・ミヤマキリシマの開花時期の6月初旬から中旬頃は九重連山はどこも混雑します。
    大曲の駐車場は狭いのですぐに満車となります。
    満杯時は道路路肩の他車の通行の邪魔にならない位置に駐車しましょう(休日は通行車が多いので注意)。
   ・大曲登山口からすぐに砂防堤を渡り(アルミ梯子有り)樹林帯を10分程度歩くと長者原からの硫黄岳林道
    と合流する。
    しばらくは林道を硫黄岳方面に進み、途中から案内標識に従い左に進みスガモリ越へと向かう。
   ・スガモリ越までは溶岩石や岩の多い登山道となる、晴れている時はわかりやすい登山道もガスのかかった
    ときは石につけられた黄色のペンキを目印に進む。
    前方が開けてくるとまもなくスガモリ越へ着く、以前ここにはスガモリ小屋があったが今はその場所に
    休憩所が設置されている。
   ・スガモリ越から三俣山の西峰までは本格的な登りとなる、一面ササに覆われた南側山腹から給登を登り切
    り左の緩やかな道を少し進むと西峰へ着く。
   ・西峰からは久住山や星生山方面の展望はすばらしいが主峰、北峰、南峰側はここからは展望出来ない。
   ・西峰から主峰へは山腹を20分ほど登ると到着する、登山道は何本か分かれてるが登り着くと合流する。
   ・主峰から北峰から南峰をまわるお鉢巡りコースがある。(2年前の大雨で登山道は部分的に荒れているの
    で注意が必要)
   ・南峰からは大船山や坊ガツルの展望がすばらしい。
   ・山頂からの帰路は足元に注意しながら慌てずゆっくりと下山しましょう。
                                                                          (登山記録日:2006. 6. 10)


戻る