大分の山のコース 平治岳(ミヤマキリシマ期(H17年6日1日))
平治岳頂から
[平治岳山頂と三俣山]
平治岳頂から
[平治岳山頂と黒岳]
平治岳頂から
[平治岳山頂と坊ガツル]
平治岳
[満開のミヤマキリシマ]
1 コース 
                         50分            1時間     25分
 大分,湯布院,九重方面⇒⇒⇒男池(黒岳麓)→→→ソババッケ(黒岳分岐路)→→→→大戸越→→→→平治岳
        15分    40分       40分
    平治岳→→→大戸越→→→→ソババッケ→→→→男池
 2 日程   日帰り
 3 見どころ 平治岳のミヤマキリシマ
        特に平治岳は山腹から山頂までピンク色でそまる。
        近年は虫害で一面ミヤマキリシマが咲き乱れる風景は見ることができませんでしたが
        平成17年度は数年ぶりに見事な開花状況でした(写真1)(写真2)(写真3)。
        上の写真は平成17年(2005年)の6月1日(平日)の写真です。
        ちなみに(平成16年(2004年6月5日(土))の写真はこちら。(良くない年)
        平成9年(1997年)の6月5日(平日)の写真はこちら。(良い年)
 4 コースのコメント  
 
   ・登山口の男池園地までは自家用車またはタクシー利用となる。
   ・ミヤマキリシマの開花時期の6月初旬から中旬頃は平治岳の最も混雑する時期です。
    特にこの時期の休日は男池園地の駐車場は早い時間に満車となります。
    満杯時は道路脇の他車の通行の邪魔にならない位置に駐車しましょう。

   ・男池からソババッケまでは九重で一番の原生林の中の登山となります。
    この時期は新緑の中普段より濃い酸素の中を歩いている雰囲気も魅力です。
   ・ソババッケは窪地となっていて湿原の趣もありますが最近はやや樹木が生い茂りその趣もかわりつつあるのが残念です。
    これから大戸越への急登前の一休みにはいい場所です。
   ・ソババッケから大戸越までの登山道は徐々に登りもきつくなりガレ場で歩きにくい場所もあります。
    樹木の前が徐々に開けてくるとまもなく大戸越です。
   ・大戸越から平治岳山頂までは登りと下りは登山道が別々になってますこれも混雑防止の対策です
    のでこのルールを守りましょう。
    向かって右が上り専用、左が下り専用道です。
   ・平治岳の往復のコースがミヤマキリシマを満喫する最短コースです。
   ・平治岳は年間を通じてミヤマキリシマ時期以外は静かな山です。
                                                                          (登山記録日:2005. 6. 1)


戻る