そろそろ秋の味覚の時期
大きくなったカボス

[実が大きくなったカボス]
豊作のキウイ

[豊作のキウイ]
沿道の彼岸花

[沿道の彼岸花]

1 風景をスライドで見る

2 2011年09月20日のメモ
 ・これから秋の味覚のシーズンです、我が家のカボスやキウイもたわわに実をつけています。
  昨年はカボスは実が少なかったが今年は多く生っています、ほぼ一年ごとに豊作と不作を繰り返
  す様です。
 ・一方、野生動物にとってもこれから冬に向けての腹ごしらえの絶好の時期なのですが、これが山
  間地の住民にとっては厄介な問題なのです。
  特にイノシシは山奥から民家の近くまで活動範囲を広げてきている状況です、先日我が家の田ん
  ぼにイノシシが侵入しました、長い事水稲をやってますがこの田んぼへのイノシシの侵入は初め
  てです。山に近い田んぼはほとんど防護用の電柵を敷設していますが、比較的民家に近い田んぼ
  は敷設していませんでした。イノシシの足跡を見ると民家側ではなく反対側の山から川を渡って
  侵入した様です。
 ・幸い稲が実る前でしたので、イノシシも歩いただけで被害は少なかったですが稲が実る時期にな
  ると稲穂を食い荒らされてしまいます、一度侵入された田んぼをこのままにしておくと稲穂がイ
  ノシシの被害に遭うのは明らかなので、共同耕作グループのみなさんに協力してもらいイノシシ
  防護の電柵を急遽敷設しました。
 

戻る