Last UpDate Nov 28,2011(リンク集 亥の子餅に関するお便り追加)
            Oct 05,2009(亥の子祭り 今治市大三島町宗方地区に伝わる亥の子唄追加)
            Feb 04,2007(リンク集更新)
            Mar 23,2006(リンク集更新)
            Nov 29,2005(リンク集更新)

            Oct 26,1999(新規)

99年度 亥の子   杵築市守江 上ノ台地区
1999年10月24日(日)

  残念ながらこの地区の亥の子祭りはこれが最後となりました

10年が経過しました。いつの間にか復活しているようです。機会があればまた取材してみます。2009年10月08日



全国の「亥の子」に関するリンク集


画像はすべてクリックすると 3倍の拡大画像を見ることができます。
 西日本各地で行われている(行われていた)亥の子祭りですが、杵築では 9月から11月にかけての土・日曜日や祭日に行っているようです。
 今年(1999年)の上ノ台地区では去る10月24日(日)に行われました。


石洗い   子供達は亥の子祭りの1週間前から亥の子石を毎日洗って清めます。

        
 9:30に集まって小学生たちは石洗いに出かけました。
 石洗いは基本的に小学生だけでやりますが、亥の子当日の今日は海岸まで出かけ、海の水で清めるため、 中学生が付き添います。
 全員が順番に亥の子石を清めます。本来、研ぎへらした瓦の破片でこするそうですが、最近はたわしでこすっています。
 子供たちの数が減り、来年の亥の子祭りの実施が危ぶまれますので、 ビデオ映像で記録として残そうということになり、あるローカルテレビ局のプロに来てもらって撮影しています。

 小学生が石洗いに行っている間に、中学生たちはご幣を作ります。
 石洗いが終わって帰ってきた亥の子石のくびれた所をしめ縄くくり、 その縄に、 参加する子供の数だけ、約2mぐらいの縄を結び付けます。
 上面の窪みには清めの塩を詰めます。
 準備をしているとあっという間にお昼です。

 石搗きに出かける前にみんなでお母さんたちが作ってくれたお昼ご飯を食べます。
 みんなの大好きなカレーライスです。

 子供たちの数が多かった昔はご飯つくりもみな子供たちが手分けしてやったそうです。
 まず、庵寺で最初の石搗きをします。

 亥の子唄に合わせて、心をひとつにして石を搗きます。
 これから各家庭を回ります。今年のメンバは中学生4人、小学生6人の計10人です。
 小学校1・3・5年、中学校1・3年となぜか偶然にも隔年となりました。
 さあ、出発です。
 雲ひとつない、秋晴れの田舎の風景です。
 農家の庭先で石搗きをします。
 3歳の男の子も特別参加です。最初は恥ずかしがってお兄ちゃんお姉ちゃんに なかなかなじめなかったコウちゃんですが、もうすっかり仲間になりました。

 石搗きをしてもらった家では、ご祝儀を子供たちにわたします。
 こうやって、部落の1軒1軒を回って石を搗いていきます。
 途中から参加した3歳の妹も小学校1年生のお姉ちゃんの横でお手伝いしています。
 

 約50軒の家々を回り終わるともう5時です。
 最後に庵寺でもう一度石搗きをして終わりです。
 お母さんたちが作ってくれたおやつのドーナツやおにぎりを食べて、集まったご祝儀を参加者で分配して 亥の子祭りは終わります。

 さあ、来年はどうなるのでしょうか。


杵築のホームページへ


メールの宛先:
yasushi@suyama.net