研究室
   研究室TOPへ
  三郎研究室 三郎プロジェクト トピックス 奥豊後ガイド ギャラリー奥豊後 石仏と石橋 輝いちょんし それホント? 奥嶽小僧の部屋                     TOP


アーチ石橋の構造と呼び名



橋 長
(きょうちょう)
 親柱の橋から端までの長さ。
橋 幅
(きょうふく)
 手すりの外から外まで。これとアーチ幅とはおおむね同じだが,時にはアーチより石を突き出して,橋面を広くすることもある。
径 間
(こうかん)
 差し渡しとかスパンとも呼ぶ。通常アーチの内から内を測る。
拱 矢
(こうし)
 ライズとも呼ぶ。アーチの頂上からアーチの基礎までの高さ。橋の高さは手すりの上から川底まで。
拱環石
(こうかんせき)
 アーチ石とも言う。石橋を支える最も大事な石。
拱頂石
(こうちょうせき)
 楔石(くさびいし)とか要石(かなめいし),冠頂石,キーストーンとも呼ぶ。アーチの最後を締めくくる大事な石。
親 柱
(おやばしら)
 橋の両側に立つ柱の石。橋名とか架橋年月日を彫り込む。
束 柱
(つかばしら)
 間柱とも呼ぶ。手すりの下に立つ柱。
手 摺
(てすり)
 人が落ちないように束柱の上に載せる長い石。束柱を固定する役目も兼ねる。
地 覆
(ぢふく)
 手すりの真下に,地面の押さえに敷く長い石。束柱を固定する役目も兼ねる。
勾 欄
(こうらん)
 親柱,束柱,手摺,地覆をまとめて通称勾欄と呼ぶ。
壁 石
(かべいし)
 スパンドレルとも呼ぶ。中詰土砂が崩れないように外壁に築く壁石積。
水制工
(すいせいこう)
 鼻柱とも呼ぶ。洪水をアーチ下へ分け,壁に当たる水圧を和らげて壁石を護る。橋の安定感を与える。
◆『緒方の石橋』-緒方歴史民俗資料館発行より

石橋研究室入り口へ    奥嶽三橋へ    緒方五橋へ

奥の奥豊後TOPへ