別府八湯温泉まつり初日(4月1日)の楽しみ方


荘厳な神事に触れ、別府八湯の温泉の神様に出会おう!

温泉まつりの始まる日です、まつりのルーツは朝見神社にあるお神輿のお下り(御神幸)です。 毎年、本音会さんというグループが、仕事も休日も返上して、この4月1日に朝見神社から別府駅前のメイン会場までお神輿を担いで運びます。 また、各地の神社からもお神輿は「連合神輿」の方々により運ばれます。神聖なるお祭りのスタートを飾るイベントです、朝見神社では「ご神火の採火式」を始め、「開会奉告祭」も行われますので、おごそかに温泉まつりをスタートするのも良いでしょう。

また、この日には日本初!の「温泉名人タクシー」の発表会兼試乗会というユニークな催しも行われます。 別府八湯温泉道表泉家の湯88湯を巡り、栄えある温泉名人になられたタクシーの運転手さんが、温泉本に記載されている「おすすめの2湯巡り」のコースをタクシーでご案内します。これ絶対おすすめ!超オトクです!

この日から7日まで別府八湯の各所では、無料開放温泉が登場します。のでがんばって温泉巡りに励んでください。

夜は真面目に別府八湯の温泉の事を勉強してみませんか? 「別府八湯ONSEN文化研究所」も開催されますので、温泉巡りの後に火照った体をしずめてみましょう。


神事系イベント 朝見神社・温泉神社のお神輿のお下り:御神幸
開始時間 朝11時 終了時間 昼すぎ
会場 朝見神社→浜脇界隈→駅前お祭り広場
内容 別府温泉の守神、朝見神社のお神輿が本音会の皆様により市内各所を巡りながらメイン会場である、駅前まで運ばれます。本音会のみなさまは25年間に渡り、仕事も休みも関係なく、この4月1日に神輿を担いでおります。 街で出会った時には是非とも熱い御声援をお願いします。 今年は浜脇地区を主に回るそうです。
備考 八湯各地の神社からもお神輿は、祭り会場まで運ばれます。


神事系イベント 朝見神社 開会奉告祭/ご神火採火式
開始時間 朝10時 終了時間 昼頃
会場 朝見神社境内
内容 温泉まつりの開始を神様に御奉告します。荘厳な雰囲気の朝見神社で朝のフレッシュな空気を吸いながら、温泉まつりの開始をお祝しましょう
備考 終了後には地元の子供達の太鼓演奏の披露が計画されています。


温泉文化系イベント 別府八湯温泉道名人タクシー試乗会:別府八湯温泉本発売記念行事
開始時間 朝9時/12時/15時に出発(3回実施) 所要時間  各3時間
会場 竹瓦温泉前おんせんインフォメーションにて受付後出発
内容 只今修行中
別府八湯温泉道表泉家の湯88箇所を巡った、栄えある「温泉名人」こんな人が別府八湯を案内してくれた最高ですよね^^ そんな皆様の御要望にお答えすべく誕生したのが「温泉名人タクシー」言わずと知れた別府八湯観光の達人であるタクシーの運転手さんが、厳しくも愉快な温泉道の修行を行い、本当に温泉名人になってしまいました。まさに「鬼に金棒、運チャンは温泉名人」です。 そんな、運転手さんと愉快に温泉談義を楽しみながら巡る湯巡りは楽しさ倍増、今回はお祭り価格の1,000円で運賃、入湯料、地獄蒸しのおやつまでついているよ! 巡るコースは、温泉本第3段で発表される「2湯巡りコース」達人の選んだ名湯を愉快に快適に巡ろう!
備考 料金:おひとり1,000円(運賃・入湯料・地獄蒸しのおやつ込み)
定員がございますので、事前の予約を承ります。
定員は15名(各出発時刻毎:計45名)
予約受付は「個人タクシー大分ひかり会」電話0977-66-0875
受付期間は3/25〜 (12時〜18時までです)
乗り合いタクシーになります、それぞれの定員は4名もしくは7名です。


温泉文化系イベント 別府八湯ONSEN文化研究所(初日):「明治〜昭和初期の温泉場の風景」
開始時間 夜7時 終了時間 未明?
会場 竹瓦温泉2階元町公民館
内容 別府八湯温泉まつりの硬派イベントとして昨年から行われている「別府八湯ONSEN文化研究所」。
昨年のテーマは「温泉資源の有効活用について」でした。思えばこの研究所で話された事が、昨秋のオンパクに結実した訳ですね。
そして、今年のテーマは「誇り高き温泉地への道」です。別府八湯の歴史や文化を学びつつ、別府八湯が「本物志向の温泉地」として認められるにはどのような事を行えば良いのだろうか? 熱く議論を交わしたいと思います。
初日のテーマは「明治〜昭和初期の温泉場の風景」と題して、別府温泉のルーツを勉強してみようと思います。
備考 昨年行われた「別府八湯ONSEN文化研究所」のレポート