星祭大祭

毎年1月28日  

毎年、元日より毎日星祭り・厄よけの祈願が始まる。
満願日28日の初不動大祭には、
有名な火渡りと湯立の荒行が行われる。


本堂内では一日中読経の声が絶えることなく
お詣りされた人々が本堂でお加持を受け
晴れやかな顔でお帰りになります


星祭り当日 臨済寺では
朝の5時からお詣りの人が訪れます


一年に一度の大祭にふさわしく
終日にぎやかな一日です

火渡りが始まる頃には星祭りも
お詣りの人出もピークに達します



境内はお守りや護摩木を求める
大勢の人々で溢れます

厄よけ星祭り祈願の申込みを受け付けております

厄よけ火渡り

心魂燃ゆる時

1月28日午前11時

採燈護摩が始まる

その後、火生三味火渡りの荒行がある

住職が鎮火作法を行い

九字の印を切って渡る

続いて行者さん、参詣の信者さんが

1年の厄落とし、無事健康を祈りながら渡っていく

お不動様の衆生を済度せんとする

大慈悲心と祈る行者、信者とが

渾然一体となった世界

貪りも瞋り(いかり)も、愚痴も一切の災厄を梵燃

清淨白蓮座をめざす

人々の熱い信仰の凝縮

仏と火と祈りの世界

年に一度の聖火の祭り


 
 
 
 
 
 
 
 












    火渡りの様子はこちら→

 


厄よけ湯立行

満願日に厄よけ火渡りの後、

「湯立行」が行われる。

ぐらぐらと煮立った熱湯をお加持して

厄払いの気合いもろともに、

信徒の頭上にふりかける。

熱湯を通して行者と信者が一体無二となり、

大聖不動明のご加護をいただかんとする


湯立行が行われる。

現在では若き副住職の気合いの入った、

まさに情熱的な荒行が継承されている。