我輩はジュンである

        8月3日  はれ
和尚さんには、
八千枚護摩が終った翌日の夕刻、
京都に向けて出発。
疲れているはずなのに、
カラ元気を出して出かけた。
僕は留守番。
部屋の隅で、ひねもす惰眠だ。
11月10日 志賀の仰木の里の覚性庵へ。
和尚さんの法友、
光永澄道和尚さんの一周忌法要に、
インドネシア旅行中でお参りが出来ないために
前倒しのお参り。
案内してもらって、
寺墓地の立派なお墓で読経回向。
夜は、同じ滋賀県の甲南にある嶺南寺で1泊。
臨済寺で修行した順海さんや、
近くの明王寺の和尚さんも交えて、
ご住職のご馳走をいただいたそうだ。

湯豆腐が美味しかった、
酒は一合ほどで止めた、
と帰って来て聞かされた。

翌日は伊賀焼の窯元を訪ねて、
信楽焼の里を巡って、天台宗務庁へ。
12日、午後12時30分から、
天台宗布教師臨時役員会議に出席して、
終了後、新幹線で急ぎ帰坊。
10日から佐伯建設が
会館の外装工事に入っている為。
屋上の防水工事やらクラックの補修。
外部全面塗装等の工事。
築後25年目で大変な出費だと
和尚さんブツブツ。
10月の異常高温に降水量の最少。
11月霜月に入っても降霜はおろか、
暖かい日照り続き。
この為かどうかは不明ながら
浄土院前の銀モクセイが再度満開。
    
金モクセイも咲いている。
しかしどちらも
本来の芳香は
まったくない。
浄土院前庭のアヤメも
一輪咲いている。
「こぶし」の葉がまだまだ青い。
散りもしない。
青桐の葉が黄ばんできたが
まだ散ることはない。
異常気象のせいかな?
いじめ問題で学童の自殺や
校長先生の自殺。
あちらこちらの県知事さんの不正疑惑や犯罪。
飲酒運転の事故等々・・・。



腹が減ってくると
ここで今か今かと
メシの出るのを待っている僕
困った世の中になったものだ。
すべて利他を忘れた人間のおごりが
生み出した現象だと思うんだが・・・。
それでは今日はこの辺で。

              おわり  
             
もどる      とっぷへ