〜わが輩はジュンである〜


{東長寺}
九州三十六不動霊場巡拝に今年一年生になったしんたろうくんとちひろちゃんが加わりにぎやかになりました。


「来年は、孫をつれて来よう」と言う方もおられました。

歴史や文化の勉強にもなるワン。


{鎮国寺}

6月22日朝7時45分大分県臨済寺を出発し、福岡県36番東長寺に集合しました。

33番不動院→34番鎮国寺→久山泊

(宿・・・レイクサイド久山)
真珠風呂とワイン風呂が大人気でありました。
一日の疲れを温泉で癒し、明日の為に早く寝るのかと思えば、1時、2時と楽しい話がつきず起きていたと聞きまして、とてもお元気のいい方が多いのにびっくりします。


{千如寺}
6月23日の朝8時ホテルを出発し、28番千如寺にて、国指定重要文化財になっています木造十一面千手千眼観音像を普段なかなかみることが出来ないそうですが、拝見することができました。

開山堂へつづく廊下の途中に五百羅漢がありました。

室町時代作庭の心字庭園は力強い組石と福岡県の天然記念物に指定されているビャクシン・楓・ツツジに彩られてとてもみごとでありました。


{大聖寺}

バスは、佐賀県ヘ向かい27番正福寺→26番無動院→25番大聖寺は、あじさいの花が大変きれいでした。

いままでは、バスが上の方までいかなかったので、30分以上かかって歩いて山道を登っていましたが、今年は、道が整備され足の悪い方も本堂までお詣りすることができました。

「これだったらまた今度お詣りすることができる 有難い 有難い」と手を合わせて高齢者の方々は、喜ばれていました。

{原鶴温泉}



原鶴温泉にて宿泊、ことのほか早くホテルについたこともあって、お風呂に入りゆっくり夜の懇親会ができました。



6月24日朝8時に出発し、32番清岩禅寺→35番恵光院→36番東長寺にて解散の2泊3日の日程で行ってまいりました。



最後の日に雨が降ったもののバスの所まで出迎え、傘を貸してくださったり、温かい心のお接待をいただき、お不動様にたくさんのご加護をいただきました。


また 来年元気で皆様とお会い出来ますように祈るワン。