このコーナーは最近観たビデオ&DVDをなんたらかんたら喋り捲るコーナーです。
年代的に古い作品もここでレビューします。
その場合はかなりダラダラなレビューです。
(原因:お酒が入っている場合多し)


1999年に観たビデオはこちら♪
2000年に観たビデオはこちら♪
2001年に観たビデオはこちら♪
2002年に観たビデオはこちら♪
2003年に観たビデオはこちら♪(イラスト化 進行中)
2004年に観たビデオはこちら♪(イラスト化 完了♪)
2005年に観たビデオはこちら♪(イラスト化 完了♪)
2006年に観たDVDはこちら♪(イラスト化 完了♪)
2007年に観たDVDはこちら♪(イラスト化 完了♪)
2008年に観たDVDはこちら♪(イラスト化 完了♪)
2009年に観たDVDはこちら♪(イラスト化 完了♪)

<2010年に観たビデオ&DVD>


「築地魚河岸三代目」
一言コメント「マンガをうまく変化させた好例」

原作はマンガなのです。最近、そういうパターン多いですね。
あの「もやしもん」まで実写化されるっつーんだから。
もちろん原作であるマンガは大好きで全巻持ってます。
主人公の三代目は人が困ってると黙ってみてられない性分、
悩みながらも実直に生きる姿が築地のプロたちに次第に好感として受け入れられてくる人情ドラマです。
主役を演じるは、「仁-JIN-」でおなじみ大沢たかおさん、こういう役柄は得意中の得意。
脇を固めるのも伊藤四朗さんに柄本明さん、僕の恋人田中麗奈ちゃんも♪(いつからっ)

そもそもマンガの世界を実写にするというのは、その世界観を壊してしまう可能性を多く含んでいる。
過去、そういう類の作品の多かったこと。
でもこの作品は、マンガのお約束を踏襲しながらもうまぁくアレンジしてるのです。
これは松竹、シリーズ化狙ってるな??( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

観て損はない、いい人情劇です。邦画の【器】にピッタリあった映画じゃないでしょか。


TOPページに戻る