2016年2月5日:わさだ最寄ステンシル勉強会
今日は明野最寄から3人、豊府最寄から1人がわさだの5人と一緒にステンシルの勉強会をしました。講師はわさだ最寄の荒木さんです。

今日は「デザイン化、赤と黄色を使って」と課題が出ました。
シンプルな型紙を使って、手提げ袋にステンシル染めをします。シンプル、ということがとても難しかったです。そして、色は二色の混合で変化をつける。これも難しいことでした。
マウスを当てて下さい。手提げ袋の裏の模様が見えます。 
図案の形をクッキリと染めたかった、初めてのことに挑戦、出来てうれしい!素敵なラインが出て良かった〜と其々の思いが染め上げられました。 
出来上がって、皆でお茶の会&感想を語り合いました。いつものわさだ最寄に、総リーダーの原田さん、明野最寄から3人が出席、総勢9人、やはり大勢で学ぶのは楽しい時間でした。
武内さん作成のシフォンケーキに永野が淹れた紅茶でおいしいお茶の時間になりました。 
 
各自作品を持って、記念写真です。左から佐伯さん、笠井さん、原田さん、梶川さん、河野さん、藤原さん、永野、荒木さん、武内さんです。9人9色の手提げ袋が出来上がりました。  
ステンシル勉強会   
読書: われ散歩を愛す の中の
     われ樹木を愛す、われ沈黙を愛す
                「友への手紙」より
感想:河野
ステンシル: スケッチからデザインへ
        赤と黄色を使って染める
お茶の会:作品の見合いと感想

写真と記録:永野