2015年6月27日:子ども友の会食の勉強
「みなさんの体をけんこうにたもつのにどんなものをどれくらい食べたらよいのか、調べてみたいと思います」と、まず、小学3,4年生の一日にとりたい食品の目安の量の実物を見合いました。

 子ども達は「肉が少ない」「野菜が多い」とびっくりしていました。朝のみそ汁(じゃがいも、わかめ、玉ねぎ)、夜の焼肉(キャベツ、なす、ピーマン、豚肉)と野菜を組み合わせて料理を考えている子もいました。 
続いて今日は鍋帽子を使って鍋でご飯を炊き、おにぎりを作りました。
井上さん手作りの鶏めしの具を混ぜた『鶏めしおにぎり』が上手に出来ました。  
  井上さんは、九州部が作った「味のダイヤル」のレシピで鶏めしの具を作りました。取材で来ていた大分合同新聞社の幸さんがこれは便利と、味のダイヤルを買ってくださいました。  

味のダイヤルにマウスを当てて見て下さい。
子どもたちがにぎったおにぎりをお母さん達も一緒にいただきました。おいしかったです。
井上さんのきゅうりのからし漬けは、ツーンと辛い大人の味でした。
今日、見合った食品の目安の量は、時々、思い出して食べ方を考えましょう。またおにぎりは、お家の人と一緒に作って食べる時があると、いいですね。
 
6月子ども友の会    場所:大分友の家
内容
・歌いましょう「ひかり ひかり」
・読書:めんどうしんぼうー羽仁もと子著作集子供読本ー
・「早起きはげみひょう」をつけてみてどうでしたか?
・どんなものをどのくらい食べたらいいの?
・おにぎりを作ろう 
写真・文:久保