2013年7月20-21日:子ども友の会夏休みお泊まり会  
今日はこの地域の子ども神輿が巡回する日でした。夏休みに入り、子ども友の会をするので、集まっていた大人は外へ出て応援をしました。 
もうすぐ子どもたちが集合をするので、受付の準備をしました。自由学園の生徒さんが二人、今回のお泊まり会に参加するために大きな荷物を持って友の家に来て下さいました。
お父さんやお母さんに連れられて、お泊まり会の荷物を持って子どもたちが集まってきました。お友達と一緒にバスで来た人達もありました。 
1時半受付、1時35分に 2班に別れて、テーブルにつきました。子ども係の阿部さんが、挨拶です。「自由学園のお姉さんたちにいろいろ教えていただきながら、二日間を元気に事故の無いように過ごしましょう。
総リーダーの後藤さんが友の家へたくさん来てくれてありがとう。二日間が良い思い出のできる集まりになるように、と話しました。 
 自由学園のお姉さんたちを中心に、其々の班の名前を考えました。報告をします。なんと、どちらも同じドラエモンです。同じじゃね、との意見もありましたが、お姉さんの名前をつけてドラエモンだと譲りませんので、そう決まりました。
生活手帳を見ながら、今からすることは?と、話し合っています。 夕飯の献立を確認し、材料を手分けして買いに行きます。暑い暑い時なので、麦茶をたくさん飲んで、交通に気をつけて行く約束をしました。
台所は、受付で集めたお米と、大人が用意した調味料が置かれています。子どもたちは、元気に買い物をして帰ってきました。重い買い物を持たなかった子どもたちは、大人から注意されました。

買い物を計って記録をし、お金の計算もしました。 
A班B班に別れて有職の準備をします。大きな鶏肉は手を切らないように、気をつけます。
牛乳パックをまな板に重ねると良いですね。 
 協力をして、有職のご馳走が出来ました。わかめスープは子どもたちが作りたいと言ったものです。我が家でするのと、ちょっと味が違う、とても味を敏感に感じることができますね。
 大人も一緒にいただきます。鶏肉のバター焼きは、本格的な味、大勢が味見をしました。とてもおいしいです、味見が進んだはずです。

ごはん、鶏肉のバター焼き、茹でじゃがいも、アスパラ添え、わかめスープ、トマトとレタスのサラダ、オレンジジュースのゼリー
ごちそうさまの後は、食器を洗ってしまう子ども、お部屋を掃除する子どもと別れましたが、皆で力を併せて出来たでしょうか?   
 お部屋も台所もきれいに片付きました。少し静かな時間を持ちましょう。

落ち着けたところで、夜の活動:うちわ作りです。
 5月の集まりで染めたきょうけつ染めの和紙を使ってうちわを作ります。自由学園のお姉さんたちも一緒に作りました。
きょうけつ染の和紙を作らなかった人は、余分に染めてあった和紙をいただきます。
うちわは、水につけて骨だけにしました。 
 のりをつけて表にはきれいなきょうけつ染めの和紙、裏面には白い和紙をはります。
小麦粉でゆるく作った糊を骨に塗ります。シワにならずに上手に貼れるかな?とても楽しい作業でした。 
 其々に、きれいなうちわが出来ました。明日までフキン干しにぶら下げて乾かすことにしました。
さあ、明日はどうなっているか楽しみです。
全員がきれいに出来上がりました。お部屋を整理して、 夜の集まりです。今日はどうだったかな?明日の予定を確認して、ねる用意です。

体をふいて、シートを敷いて寝る用意、1階は男の子、2階は女の子と別れて寝ます。なかなか興奮して眠れませんでしたが、暗くなるといつのまにかスースーと可愛い寝息が聞こえていました。

(マウスを写真にあてて見て下さい)
 つづく