2011年6月7日:6月例会「全国友の会大会報告」
 例会セールです、先日、友愛セール係主催の「私の逸品」勉強会で教えて頂いた梶川さんのごませんべいが早速、並んでいました。
 例会食堂当番は光敷最寄、友の家に入った途端にプーンと、おいしいカレーの香りが飛んできました。
大きなシチュー鍋一杯にぐつぐつとカレーが仕込まれています。
 二階では、会報係が、6月会報を作っています。先月は、前年度の係と一緒に作りましたが、今回から、二人で独立です。印刷は例会開始までの時間との勝負です。
 今日は、全国大会の報告が大きなテーマです。東日本大震災の影響で、一日だけの総リーダーのみの出席の大会となりました。
大きな模造紙に大会プログラムを書いて貼りました。
 「失われたるもの、加えられたるもの」を読書して総リーダーの丹生さんから大会報告です。一人出席で緊張したが、被災地の報告、80年を歩んでの総リーダーの思い、各地の報告はとても心に響いたと丁寧な報告でした。
中央委員の永野からも、震災のことを中心に、報告をさせて頂きました。全国友の会、自由学園、婦人之友社と、羽仁先生の創られた3つの団体が協力して行う震災支援は、被災地と友の会の交通整理をして下さる中央部からの要請に応えて大分も支援させて頂いている。長く続ける支援は、先ずは私たち自身が丁寧な生活をすることが一番大事と思ったと報告する。 
引き続き、「大分の震災支援について考える」 時間を持った。明日の友グループの日を「震災を考える日」とし、若い人も一緒に加わって頂き、読書をして手仕事などしていきたいと話し合う。そして、引き続き公共費への気持ちも多く寄せて頂きたいことを伝える。
その後は
今夏の「子ども友の会お泊り会」の打ち合わせを大会後に総リーダーが自由学園としてきたこと、学園生と一緒に生活を共にするお泊り会を緊張して準備したいと子ども係・松村さんが報告。
 友愛セール係の笠井さんが、友の会の友愛セールの願いから、今年の歩みを考えたことを報告する。
今月は早速、勉強会の中で、「夏物衣料の友愛セール」をするので、5月に勉強した糊付け、アイロンかけなど実行し、美しく手入れされた品を持ってきて欲しいと話す。
 今月の生活勉強のお知らせをする生活部の井上さん。
共同購入係の財津さんからは予約販売の説明があった。過去にも何度も呼びかけてきたがなかなか順調に動かない予約販売を今年度こそは、生活の中に取り入れて欲しい。
 会員係から名簿の出来たことの報告、そして、新入会員が二人あったうれしいお知らせ。今日は、新入会員、転入会員、そしてお客様と新しい方の例会参加があったこともうれしいことだ。
 例会食堂です、今日の献立は、チキンカレー、グリーンサラダ、桃のゼリー、そして、会員の庭でできたびわがたくさん添えられています。
 託児でお弁当を綺麗に食べた子どもも、また例会食堂に座るのを楽しみにしています。さあ、準備が出来ました、冷めないうちに揃って「頂きます」をしましょう。
 6月例会
テーマ「大会報告と大分友の会の災害支援を考える」
当番:委員会 当番委員:梶川
託児:わさだ、竹田、明野、セール:春日、坂ノ市
例会食堂:光敷
讃美歌:7番
読書:「失われたるもの、加えられたるもの」〜思想しつつ(下)〜
内容:大会報告
    大分友の会の災害支援を考える
  
子ども友の会のお泊り会のこと、
友愛セールから
リーーダー報告
大分市情報化委員会に出席して:永野
男女共同参画会議に出席して:松村
各部各係より
実務報告:出席37名(うちお客様1名)、
       託児2名、係2名
野の花の姿
 
   写真:K.E 、文責・写真:Mie