English
2008年8月5日:8月例会「平和を考える」
8月例会です、朝から厳しい暑さになっています。
例会セールには会員手作りのかわいい「暑中お見舞いカード」が並んでいました。早速、息子たちに送ろうと求めました。
例会のテーブルには爽やかなハーブが生けられていました。
二階の託児室はいつもと違って小学生のお兄さん、お姉さんも来ています。
例会が始まりました。「世界の心、人の心」を読書して自分の思う「平和」を語りました。生活者として日頃の生活を丁寧に、多くを取り過ぎない・適量を守る生活の大切さを話します。
続いて「共に生きる」とのテーマで開かれた2008年度全国生活研究会の報告です。生活部リーダーの財津さんが、一日目・子どもの生活、若い人への働きかけについて報告しました。
教育費調べ九州部責任者の笠井さんは、調べその後の報告です。教育費の平均より、子ども一人一人を良く見ることを伝えました。
続いて永野が、二日間をふまえてこれからの友の会の研究はどうあったら良いか、どう働きかけていったら良いか、80年に向かって大事にしたいことなど三日目の報告をしました。
研究会の全てが「平和」に通じること、友の会の活動は平和に繋がることを皆が感じました。会場からも感想が続きます。
感じて、考え、行う人に。平和についても、同じことだと判り合いました。
6月例会 当番:高城最寄
テーマ :「平和を考える」
讃美歌 239番
読 書 : 「世界の心 人の心」  −真理のかがやきー
感想:総リーダー高城最寄、岩橋
内容:2008年度全国生活研究会の報告
  財津、笠井、永野
感想
夏休み子ども友の会の報告
九州部子どもの集まり報告

総リーダー報告        
各部各係から
★実務報告:・例会出席 32人、お客様1人、 子ども8人 係2人 

野の花の姿     
・例会セ−ル:明野、春日
・託児:係