2008年7月1日:7月例会子どものことを考える
今日は梅雨の晴れ間、紫陽花が美しい季節です。
例会セールもたくさんの品物が並び、大盛況です。
今日の例会は話し合いをたくさんしたいとテーブルを囲んで座りたいと準備しています。
当番は春日最寄です。久しぶりに友の家で会う方もいらっしゃってとってもうれしかったです。
若い会員も、たくさん参加しました。
5年に一度の教育費調べが終わった所です。九州部の集計担当の大分は、笠井さんがリーダーとなって、様々な考察をしています。
今日は、大分の教育費のある人のアンケートから話し合いを進めました。育て上げた会員からの意見はとても暖かい励ましになりました。
各部各係からのお知らせです。婦人之友社発刊の「ツボ療法」の本がとても評判良いと注文をとりました。
例会食堂です。ホワイトカレー、野菜の酢油漬け、コーヒーゼリーです、ホワイトカレーは始めての味でしたが、マイルドでおいしかったです。
ご主人の転勤で、大分友の会から東京へ行った元会員がおいしいケーキを送ってきてくださる、皆さんで食後のデザートとしておいしく頂きました。ありがとうございました。

6月例会 当番:春日最寄
テーマ :「子どものことを考える告」
讃美歌 463番
読 書 : 「生活即教育」  −家庭教育篇下ー
感想:総リーダー。春日最寄
内容:話し合い「子どものことを考える」

夏休み子ども友の会の案内
最寄講習会のお知らせ
会計の訂正について
総リーダー報告        
各部各係から
★実務報告:・例会出席 35人、お客様1人、 子ども4人 係3人 

野の花の姿     
・例会セ−ル:豊府、わさだ
・例会食堂:明野
・託児:佐伯、わさだ