2008年4月8日:2008年度大分友の会4月例会

大分川の菜の花が美しく咲き、春になりました。
今日は大分友の家竣工6周年の記念の日です。
2008年度の出発の例会です。食堂準備も早々に整っています。
託児係も緊張して準備しています。
10時、例会が始まりました。
読書は大分友の会の今年のテーマになった「最も自然な生活」〜思想しつつ生活しつつ〜羽仁もと子著作集

総リーダーの今年度への思いの後、運営組織の紹介がありました。
会員組織から最寄リーダーの抱負を話しています。
3月に開かれた友愛セールの報告です。
子ども係リーダーから、託児の約束を話しました。
子どもには託児室にお印入りの託児ノートとかごを用意します。
「自分の身の回りのことがお家でも友の会でもできるように」との願いを込めて準備しました。
春は別れのシーズンでもあります。大分友の会からもご主人の転勤に伴って、転出する方もありました。

お別れの挨拶をしています。どこへ行っても友の会会員です。お元気でまた会いましょう。
今日の例会食堂は坂ノ市最寄が当番です。

鶏めし、かき玉汁、青菜と納豆のからし醤油和え、キャベツの酢和え、コーヒーゼリー、
そして転出される塩月さんが焼いてくださったパウンドケーキ、ありがとうございました。
4月例会 当番:委員会 
テーマ :「新年度出発」」
讃美歌 326番
最寄リーダーと最寄紹介
読 書 : 「最も自然な生活」  −自由 協力 愛ー
感 想 : 総リーダーの思い
組織の紹介
月間予定
年間予定
各部リーダーの思い
最寄リーダーの思い

教育費調べ
友愛セールの報告
    
総リーダー報告        
各部各係から
★実務報告:・例会出席 28人、        
         子ども2人 係2人 

友の国     
・例会セ−ル:光敷、春日 
・例会食堂:坂ノ市
・託児:高城、春日、

記録:S.G、Mie