2007年2月6日:2月例会
今日は温かくなるという天気予報、大分友の家は朝早くから元気な声がしています。

2月例会です。例会セール担当の明野と久住最寄の皆さんが玄関ホールで販売をしています。
調理室では、例会食堂の準備中。大きな赤いゼリーのカット。40人分です。慎重にナイフを入れてます。
例会が始まりました。今日のテーマは「大分友の会の歩みを考える」豊府最寄が当番です。
新入会員が紹介されました。お仲間が増えるのはとてもうれしいことです。
読書は自由協力愛から「友の会とは何ぞ」感想に続いての話し合いの前に、大分友の会の現状を報告します。
会員の構成、経済の状態などをわかり合ったのち、大分友の会の新年度はどうあったら良いか、自由に発言していただきました。
今日の例会食堂は春日最寄が担当です。ご飯ものっぺい汁もとってもおいしくて、大勢がお代わりをして頂きました。
2月21-22日と鹿島で開かれる九州部の「中高年の集い」に展示として持ち込む大分の明日の友グループの皆さんの作品が集まりました。
籐工芸、竹工芸の作品、リホーム作品のぬいぐるみ、八戸の刺し子、など見事な作品が集まりました。大分からは二人が出席します。
2月例会 当番:豊府最寄
テーマ : 大分友の会の歩みを考える」
讃美歌 : 286番
お客様紹介
読 書 : 「友の会とは何ぞ」 −自由・協力・愛ー
感 想 : 総リーダー、豊府最寄
内容: 新年度総リーダーについて
   大分友の会の現状報告
      会員の構成、経済のこと、最寄のこと
テーマに添っての話し合い
リーダー報告
各部各係から
  家計集計報告
  3月友愛セールについて

   ★実務報告
・例会出席 40人、託児3人、係1人(佐伯)

・例会セ−ル:明野・久住 ・例会食堂 春日
写真:N
記録:Mie