2006年9月9日:有職グループと佐伯最寄の交流会〜佐伯にて〜
昨年に引き続き、今年度も大分友の会・有職グループから6名が佐伯最寄に行き、交流会を持ちました。
会場は昨年と同じくお茶のお店を開いておられる香川さんの家です。階段に行く手前には坪庭があり、手水が置かれていました。
坪庭のざくろの木が美しく茂り、その向こうには、佐伯の古い家並みが見えています。
二階のお座敷が今日の会場です。床の間には山岡鉄州の軸がかかっていました。「重陽日近金菊開」今日は重陽の節句です。
三間続きの二階のお座敷は開け放たれた窓から風が吹き抜けていきます。今日の読書は「四通八達の家」
子どもたちは隣の部屋で仲良くお絵かきなどして遊んでいます。
昼食の時間になりました。広い台所には、既に今日のお食事の準備が整っていました。
香川さん手作りのお寿司、お清汁、お漬物、大勢でおいしく頂きました。
午後は生活勉強の交換会。我が家の収納を考える〜婦人之友誌生活ラボの活用〜家の中をスッキリとさせましょう、と各自励んだことの報告、続いて「スモックエプロンを縫う会」に出席した佐伯の報告。
縫い上がったスモックエプロンを着て見せました。また高橋さんはワイシャツから作った真っ白のブラウスの説明をしてくれました。
佐伯最寄の皆さんは布ボールが縫えるようになりたいと、今日は簡単講習をうけました。
岩橋さんの手つきを皆が真剣に見ています。二枚の布を縫い上げて、化繊綿を20g入れます。口を閉じてから刺繍糸でステッチです。
今日のおやつは、中津川の栗きんとんと羊羹。
お薄を点ててくださって、とってもおいしく頂きました。

今日の出席者の記念写真です。大勢でうれしい一日でした。
大分からの6人は会員のご実家のレストランへ行きました、あいにく休憩時間でしたが、ご実家に出前して下さる。
弟さん手作りのチーズケーキにコーヒー、楽しい時間を過ごしました。大分への帰途は国道10号線で大雨に会い、大変でしたが無事に帰ってくることが出来ました。
有職グループと佐伯最寄の交流会〜佐伯にて〜
9月9日(土)11時〜15時
讃美歌:369番
自己紹介
読書:四通八達の家(みどりごの心)
生活勉強の報告:我が家の収納を考える
出席:佐伯9人、大分6人、子ども3人

大分友の会


記録:永野