<top>
ようこそ、shop cafe bleuへ
この店は店主の趣味・嗜好に著しく偏った品揃えで
みなさんをお迎えします。
もし気に入った商品がございましたら
クリックひとつでアマゾン川より
どんぶらっこっことやってきます


では、ごゆっくりshopをごらんください。
キーワードでリンク
映画のテーマはウディアレンです
音楽のテーマはU2です
本のテーマは川上弘美です
テーマでさがそう
インドは不思議なパワーに満ちて
インド本のお気に入りを集めました。でも、インド本の王道といえばシーナさんの本のタイトルのもとになった堀田善衛さんの「インドで考えたこと」そして妹尾河童さんの「河童が覗いたインドですね。両方とも未読です。すみません。
あ、沢木耕太郎さんの「深夜特急〈3〉インド・ネパール」はまた別のテーマで紹介します。
この何冊かを読んだだけで、もうインド熱に浮かされて、いつかはインド・・・となること間違いなし、です。
じゃあ、ここでインドの音楽を、とかインドの映画をって言えればいいんだけど、残念ながら知りません・・・。

(06.1.9)
ライブの感動をもう一度、店主の行ったライブがテーマ
行ったことのあるライブというテーマで集めてみました。が、なかなかDVD出てないんですね。
エゴラッピンのDVDが3月に出ます。「Midnight Dejavu at 東京キネマ倶楽部」これも買い物かごに入れておいてください。
鬼束ちひろのULTIMATE CRASH ’02 LIVE AT BUDOKAN。いいです。
で、STINGですが、DVD買うならぜひ「ブリング・オン・ザ・ナイト」を。これはもうめちゃくちゃかっこいい。さらにポリス時代にさかのぼって、「シンクロニシティ・コンサート」。
ああ、だんだんオススメライブというより、STING特集になっていく・・・。

(06.1.7)
詩と音楽と絵と、心地よいんだなあ
谷川俊太郎さんは、絵を愛し、音楽を愛し、ことばを愛した。息子の賢作さんのピアノとのコラボレーションもすっかり定着。「クレーの天使」「クレーの絵本」もぜひ。
ピアノを歌うように弾き、歌をピアのように歌う。詩と音楽の渾然一体化した矢野顕子さん、ピヤノアキコ。~the best of solo piano songs~もどうぞ。
ポエトリーリーディングと音楽のコンサート。佐野元春の試みだが、過去にも詩と音楽とビジュアルアートということで、カセットブックを出したりしている。

(06.1.7)
オキナワはいいさあー
やっぱり「ちゅらさん総集編 BOXセット」は欠かせません。厳密にはオキナワじゃないよ〜なんて言わないこと。
ナビィはサントラ「ナビィの恋」もいいよお。ケルトな音楽やクラシックも織り交ぜながら、オジィと西田さんのかけあいがなんともほんわかしてよいです。

音楽はもういろいろありすぎて書けません。とおりあえずBIGNから入ってみましょう。
古謝美佐子さんの「天架ける橋」も情感豊かで沁みます。

(06.1.7)