6月19日、今居るSt.Charlsの町を楽しみました。

Fox.River添いにあるこのSt.Charlsという町はこのキツネがシンボルマーク。
夕食を食べに出ました。すぐ近くにもこんな素敵な家があります。庭の噴水がきれいです。
私たちのお世話になっているこの家があるあたりはオールドSt.Charlsといわれて古い建物も多くまたアンテイックのお店が多いことでは有名です。今は夜の8時半位です。レストランはいつも寒いのでこんな格好で出かけました。
このタワーは公会堂です。Fox.Riverの側に建っています。
何だか古めかしい建物、ホテルだそうです。灯かりの点いているお店がありました。大抵のお店は夕方6時に閉まりますし、日曜は12時からしか開きません。
きれいな物が一杯並んでいます。丸い筒が長いの短いものと様々。
マダムが覗かせてくれました。なんと万華鏡です。とてもきれいな万華鏡。私は何でも見えてしまう、不思議な万華鏡を買いました。印鑑のような大きさと形で今はペンダントのように首から下げています。何でも覗くとこれは不思議の世界が開けます。
こちらは裏通りにあった古い建物。公民館だとか。
また、こんな看板も。KARAOKEと書いてありました。
Fox.Riverでは夜釣りをしている人がいます。
Fox.Riverの岸辺に建っているレストランで食事をしました。最近は二人で一人前かなということがようやく解りました。私がアペタイザ、主人がメイン料理を頼んで二人で分けて食べますと丁度良い分量になって最後までおいしく食べられます。全く周りの人はたくさん食べますね。いつもびっくりしながらみています。


大平原北斗の星を道しるべ


next
chicago record