6月18日、シカゴ・ダウンタウン

レイク・ジェネバを後にして、こんな道を走ってシカゴのダウンタウンへ向かいました。広い広い道がどこまでも続きます。ミシガン湖が近づく頃、ようやく賑やかになってきます。
シカゴの北部の町、エバンストンのあたりです。西洋式のきれいなお庭。私はビデオを構えていますが、何があるのでしょうか?
こんなきれいな建物が建っているのです。バハイテンプルといいます。あらゆる宗派を超えて世界平和を祈るという団体の建物です。
聖堂の天井です。まるでレースを広げたような見事な装飾です。
そしていよいよダウンタウンへ。昔何度もドライブを楽しんだ道です。レイクショアドライブという一番景色がいい道です。ダウンタウンのスカイラインを見るベストポイントは水族館の前です。駐車料5ドルを張り込んでミシガン湖の水に濡れながらこの写真を撮りました。左が世界一ノッポビルにシアーズタワーです。ナンカ雲行きが怪しいですね。
車の中から、バッキングハム噴水。
シカゴ美術館ももう閉まってました。残念です。両側にはライオンがいます。
いよいよ、8時ごろ、夜景の美しいシアーズタワーに上ろうと、車をパーキングに入れ、チケットを8ドルで買ってさあ、いよいよ登るぞ、と思ったら、何だか中止とのこと。他の人も仕方ないなという感じでチケット売り場で払い戻しを受けました。ロビーに来るとまあ、外は大嵐。危険とのことで急遽中止だそうです。今日はどうも水に縁のある日です。
世界一のビルからの夜景を写したかったのですが仕方ありません。壁のこんな絵でがまんしましょう。世界のビルの背比べです。2位はマレーシアのクアラルンプールに最近完成したビルです。
主人も壁のレリーフで遊びました。シアーズタワーを建てたチーフエンジニアの記録です。
シアーズタワーのメインロビーで嵐の収まるのを待つ人々です。稲光は走るし、横殴りの雨が降って外へも出られません。私たちも小止みになるのを待ちました。駐車場は向かいのビルですから。やっと車に乗り込んで、大雨の中、ほうほうの体で夜の11時頃になんとか無事に帰りつきました。ということで夕食もありませんでした。


いかづちに震えしタワー門閉ざす



next
chicago record