6月11日、ドライブもそろそろ、、、

ヴァージニアのドライブもそろそろお終いです。ワシントンさんと南北戦争の跡を辿る旅のようでもありました。最後はやっぱりゆかりのフレデリックスバーグです。大きく枝を広げた樫の木は南北戦争もジッと見てきているのでしょう。
フレデリックスバーグの凄絶な争いの記念碑です。
わかりにくいですが、南北軍が向き合って銃を打ち合ったという防塁がそのまま残っています。その時から建っていたという白い家も保存してあります。手前の看板には当時の対戦の様子が描かれています。
そしてそのすぐ側の高台には戦死者の広大な墓地が広がっていました。ここもすさまじい戦場になった所です。
戦場の跡地を抜けるとすぐにブラックスバーグの旧市街になります。ここはワシントンの愛した町、今、ワシントンが来ても少しも変わりが無いと喜んでくれるでしょうというのがキャッチコピー。アンテイックショップが一杯。ウインドウショッピングが楽しい街並みです。
いよいよワシントンD.Cも近くなりました。ドライブの終わりです。今回のドライブで感じたこと、アメリカはとにかく広い、地図をみて一日のうちにあそこもここも見てというのはとっても無理。一個所にじっくり、のんびりがアメリカ流、アメリカの楽しみ方だってことがよく分かりました。


走れども走れども青きひろがりて


next
Washington DC Travel record