2017年10月11日:一日洋上ミニクルージング  
朝が来ました。船の上とは思えない静かな船室でぐっすりと休みました。

カーテンを開けると、すっかり朝になっていました。船室のテレビには、飛鳥Uの航跡を地図上に書いています。今は10月11日午前7時25分、船は足摺岬の傍を走っています。 
バルコニーに出てみました。はるか向こうに、陸地らしきものが見えるような、見えないような。太平洋を走っていることになります。今までより、少しうねりが出てきたように思います。
朝食に行きます。どこで食べましょうか。11デッキのリドカフェ&リドガーデンで 食べることにしました。
入ってすぐ、真白の背の高いキャップを被ったコックさんが、ワッフル、パンケーキ、フレンチトーストを目の前で作っています。
ワッフルをお願いしました。夫はフレンチトーストです。そして、ビュッフェでいろいろお野菜など選らんで来ました。 
どれもフレッシュでおいしそう、なんて言いながらお皿に取っていたら、こんなに集まってました。大変大変、でも、どれもおいしく頂きました。
フルーツが色々、またヨーグルトもとってもおいしいです。ワッフルにはメープルシロップをかけておいしいです。 
食後は、隣のパームコートでコーヒーを飲みながら、のんびりしました。さあ、今日は一日洋上です。何を楽しもうか、と作戦タイムでもあります。天窓から明るい太陽の光が一杯さしこんでいる明るい部屋です。  
 11階の船首に位置するビスタラウンジ、バイオリンを弾く少女像がおいてありました。
窓から見る景色は、雄大です。しかし、太陽がさんさんと、まぶしいです。
 船の中をあちこち歩いて探検です。ここは、パソコンルームです。
 今日のイベント先ず最初は、「ドロップ型イヤリング作り教室」です。たくさんのご婦人方が参加されています。
どんなのを作るのかしら?どうやって作るのかしら?出来るかしら?と、初対面の方々とも話が弾みます。
元気の良いスタッフの声でイヤリング作りが始まりました。先ずは材料を配りますね。簡単ですからどなたでも出来ますよ、とのこと。

かわいいパールと、素敵なドロップ型クリスタルに、金具が配布されました。
工作用ペンチを使って、作って行きます。夫も迷っていましたが、イヤリング作りのメンバーに認めてもらって、作りました。ということで2人分のイヤリングが出来ました。つけてみると、ユラユラキラリ!と光って結構素敵です。
一度お部屋へ戻りました。バルコニーで休みます。ユラユラ揺れるイヤリングつけているの判りますか?
プールサイトから船の先端へと、デッキを散歩しました。船の先端を見下ろすデッキは、素晴らしい眺めです。
お昼までに時間があるので、お風呂に入ってきました。12デッキ最上階にあるグランドスパで、湯船から大海原を眺めることが出来ます。良いお天気で最高の眺めでした。
でもやっぱり海の上、大きくうねるのですね。時々、フワ〜ンという感じで浮き上がりそうになります。
グランドスパを出ると、両側に記念の楯や、ペナントを飾った廊下を通りました。入港した世界のあちこちの港から頂いた記念品のようです。
12階から11階への階段です。この階には、フィットネスセンターや、マッサージのお部屋などが並んでいます。踊り場の絵がとても可愛くて、
お昼の時間になりました。昨夜と同じフォーシーズンダイニングルームは和食、リドカフェ、リドガーデンでは洋食ビュッフェ、私たちは和食の「テンプラ重」を頂くことにしました。
 適度な量で、てんぷらもおいしくカラリと揚がっていて、とてもおいしく頂きました。
午後のお楽しみは、6階デッキ、ギャラクシーラウンジでの「語りと並紋音(はもん)」を見ます。写真は写せませんが、平家物語の中の、「祇園精舎」「敦盛最期」「那須与一」の段を永田佐知子さんの創作楽器並紋音の音色にのせて金子あいさんがはかま姿で語ります。 
公演は写せないので、最後に床の赤い絨毯を写しました。華やかな気分が見える絨毯です。しかし、今日の出し物は、静かな中に、鉄で出来たという波紋音のキンとした音と金子さんのよく徹る声が響き、平家物語の諸行無常の様が胸に響きました。平敦盛、熊谷直実、那須与一の武者振りが金子さんを通して見えるようでした。
夕方の5時過ぎです。太陽がそろそろ水平線に近づいています。足摺岬沖を過ぎたあたりです。洋上の入日、素敵です。
今夜のドレスコードはインフォーマルです。さあ、何を着たら良いのか、荷物を作る時に迷いましたが・・・

男性はネクタイにスーツ姿、女性はワンピース、ツーピース、和服だと色無地、附下などと書いてありました。
昨夜と同じ、フォーシーズン・ダイニングルームです。
夫は、ノンアルコールのビール。 
私は、赤ワイン、ロゼワインを楽しみました。
 
夕陽を眺めながら、そして、おいしいお料理に感激しながら、食事を済ませて出てくると、船長さんが、ご一緒に、と、写真に入って下さった。緊張しました。東京商船大を出た弟がタンカーに乗っていて、結婚式の式服がこんな真白の制服だったな〜と思い出しました。 
飛鳥プラザに続いたピアノバーの絨毯です。ブルーニ金の輝きが美しい、華やかな雰囲気です。ここのソファーに座って見る海もとても良かったです。素敵な絨毯、思わずパチリと写しました。

今夜の楽しみは6階のギャラクシーラウンジでの「飛鳥Uプロダクションショー」リズムオブライフ10人の男女によるダンスに歌に、と躍動感あふれるステージでした。
 Back Next