2016年8月28日:第44回冬ソナチャリティーライブ
  
今日は第44回冬ソナチャリティライブの当日となりました。お天気が心配でしたが、曇空、今は雨は降っていません。先日、会場下見をさせて頂いた「Wam am cafe」の前に、♪ ここが会場ですよ♪の印に「冬ソナ」のドラマポスターを貼りだしました。
会場は打ち合わせ通り、テーブルをつながて周りを囲んで歓談が出来るように作って下さっていました。早速、久美子さんとMieで持ちこんだライブグッズの中から今回は素敵なパーティグッズを使うことになりました。テーブルクロスをかけて、うれしい会場になりました。 

カウンターには、お願いしていた花かごも既に届いていました。「ヨンジュンさん 44歳のお誕生日おめでとう BYJ Fan Club Oita」と書いた札が立ち、ピンクの香りの良いバラを中心に華やかなお花がびっしりと詰まった素敵な花かごでした。noda reikaenさんの女性フローリスト新留さんの力作です。 
またその隣には大きな真四角の箱、ソッと蓋を取ると、見事なバースティケーキが飛び出しました。フルーツを一杯飾って、?型のチョコがあちこちに散らしてある。二つのメッセージチョコボード。ふわふわのクリームが溶けます・・・すぐにまた蓋をして保冷剤を一杯のせました。 
正面のステージの椅子にヨンジュンさん席を決めました。ニコニコの笑顔で今日のライブをみつめてくださるでしょう。 
久留米から車を飛ばして参加のひとみちゃん、Takeさん、途中は大変な雨と濃霧で走るのが恐かったとのこと。ウエルカムドリンクを早速、一色ちゃんが持って来てくれました。 右端は永年、いつか参加したいと思っていましたが、やっと叶いました。と今回が初参加になられる二村さんです。
Wamam cafeのママさんと一色ちゃんが作って下さったお料理がたくさん並びました。
テーブルは、「Happy Birthday」の パーティグッズでとても楽しいです。
 これは前回のソウル旅行でMiss Paddingtonさんがいつか役に立つかなと、ヨンジュンさん行きつけの ソウル・チョンダムドンのSSG FOOD MARKET」で買って来て下さっていたものです。
紙コップも同じセットですよ、こちらの青りんごのカップも一緒に買ったもの、可愛いです〜と、見せてくれる今回初参加の吉武さんと、久しぶり〜会えてうれしい宮原さんです。 
MissPaddingtonさんがここWam am cafeのママさんをご紹介しました。たくさんのお料理を作って下さってありがとう。ママさんからも挨拶、どうぞ楽しい時間になりますように、、、  
皆さんがお持ち下さった差し入れのご紹介です。お料理と一緒に、頂きましょう。こちら↑はいつの日か冬ソナライブに参加したい名古屋の山田久美子さんと岡畑はつみさんが贈って下さったクッキーの詰め合わせ。みんなで美味しくいただきました!ありがとうございます!
それでは今年もまた集まることが出来ました。皆でヨンジュンさんの誕生日をお祝しましょう。そして、たくさんお話もして、冬ソナピアノライブを楽しんで良い時間にしましょう。「乾杯!」 
 写真中央右は、今回も広島から駆け付けて下さった青木さんです。来るのをとても楽しみにしていますよと、早く駈けつけては、準備から片付けまでも手伝って下さる青木さんです。
深田さんの演奏が始まりました。あ〜今回も、皆さんが元気でこうして集まることが出来ました。一緒に冬ソナミュージックの数々が聞けることがうれしいです。 
今回は演奏の合間などに、それぞれの思い出を語り合いました。深田さんも第一回を思い出して話して下さる。一回限りのコンサートのつもりだったが、あの人にも聞かせてあげたい、とか、もう一度聞きたいとの声が出て、第二回目を開いた、新聞にも載せたら、大勢の応募があって、午後、夜と二回したこともあったね、など、語って下さった。 
昨年の冬ソナライブで、初登場した南アルプスの佐久間農園のブドウが今年も届きましたと、Miss Paddingtonさんが持って来て下さいました。紅い大粒のゴルビーです。
一番最新のニュースから届いた食パンです。つい先日まで日本へ来ておられたヨンジュンさんご夫妻が銀座でとてもおいしい食パンを食べたというニュースをキャッチした横浜の飯島和泉さんがわざわざそのお店で買って、贈って下さったそうです。カットしてもらって皆で頂きました。
銀座CENTREの食パンです。ふわふわとして、焼かなくてもバターをつけなくてもとってもおいしかったです。 
深田さんもテーブルについて皆と一緒にお話をしながら食事を召しあがって頂きました。とてもたくさんの御馳走、熱々の具だくさんのモツ汁まで出てきました。
  
さあ、いよいよ、大きなケーキに火をつけました。一色ちゃんがバースデイの英語文字のろうそくを寄付して下さって、とても華やかなケーキになりました。「写真を写したい方は出てきて写して下さい、ケーキが大きすぎてテーブルまで運べません。」皆さんがケーキを写真に納めました。
皆で♪Happy Birthday to Yong Joon ssi♪♪と歌いました。
「毎年ヨンジュンさんの祝バースデーケーキの写真をご本人にお届けしています。今年は最高のお誕生日?もうすぐパパに!お祝いのメッセージを2つお願いします!」とオーダーしたMiss Paddingtonさんの言葉を聞いてビックリされたトキハのECLATANT Patisserieの白神幸雄パティシエが、特別に腕を奮って下さった新鮮なフルーツたっぷりのふわふわ生クリームのケーキ!美味しい口溶けに、新茶のヌワラエリアの爽やかさ。まさにボンマリアージュ!みなさん、美味しい!!歓喜の声が上がりました^ ^
壁の大きなディスプレイにはドラマ「冬のソナタ」の名場面が次々と写っています。高校生だったチュンサンとユジンの講堂のシーンが大好きと言われる深田さんです。
高校の音楽課題曲となった「トロイメライ」を転校生できたばかりのチュンサンに教えるユジンが可愛かったです。チュンサンのお母さんは有名なピアニスト、ということでチュンサンはとっくに「トロイメライ」も弾けるのでした。なんていうことから二人のドラマは始まります・・・ということで「トロイメライ」を深田さんバージョンで奏でて下さいます。
さあ、それではお待ちかねの久美子さんと一緒に演奏しましょう。
待ってました。久美子さんの「MOMENT」皆さん、本当に静かに聞き入ってます。
ドラマ「冬のソナタ」が2002年に韓国で放映されて今年で14年です。そして、「冬ソナピアノライブ」が始まってやっぱり同じく14年、今回44回目を迎えている冬ソナライブです。
こんなエンドロールもあった「冬のソナタ」なんですね。見なくなってもう随分たちますが、今日は久しぶりに最終回の最終を見て(↑)涙になりました。
 
とっても楽しい懐かしい気分にもなれたあったかい雰囲気の冬ソナチャリティライブになりました。参加して下さった皆さん、ありがとうございます。変わらず44回、素敵な冬ソナメロディの演奏をして下さる深田ミニョン宏一さん、ありがとうございます。そして、主催して下さるMiss Paddingtonさん、ありがとうございます。
♪♪ また次回も皆さん、お会いしましょう ♪♪
今回Paddington Tea Roomからサーブした紅茶は 夏摘み ヌワラエリア、紅茶の国・スリランカから到着ほやほやの新茶でした。とってもまろやかなお味、会場ではパック詰めも用意しました。紅茶好きの方々がお土産用に買い求めてお持ち帰りくださいました。
「マシケドゥセヨ?^ ^」
 
その後、皆さんからの募金を持って「24時間テレビ・愛は地球を救う」TOSテレビ大分会場へ行きました。
お家から駈けつけて下さった高橋三郎さまに今年も無事にお渡しすることが出来ました。
高橋さまと、ご一緒に証拠の写真を・・・・右からクロちゃん、Miss Paddingutonさん、高橋様、Mieです。
今回の募金は20829円、 累計で1179393円となりました。皆様のご協力、ありがとうございます。
その後、広島から参加して下さった青木さんとMiss Paddingtonさんと3人で打ち上げです。
大分駅ビルのホテル・ブラッサムの8階レストラン 「庭の食卓・四季」にて大分名物とり天やりゅうきゅうどんを青木さんに食べて頂きたいと紹介しました。
 デザートはカボスシャーベット、さっぱりとおいしかったです。
全てを終えて、ホッとした3人、ホテルロビーのソファに座って、ああ、良かったね〜でした。

今回のライブに参加して下さった皆さんをご紹介します。眼鏡美人が多いでしょう?ヨンジュンさん初来日のインタビューの時にかけてらしたのと同じ眼鏡をクロちゃんが持っていたのだとか、今はMiss Paddingtonさんが持ってらっしゃいますが、それを皆さんかけさせてもらって写しました。、 

ヨンジュンさんバースディケーキを真ん中に、
左上からMissPaddingtonさん、Wamamcafeのママさん、ひとみちゃん、次はTakeさん、一色ちゃん、初参加の二村さん、木下さん、右下へ行って、宮原さん、吉武さん、ひとみちゃん、下へ来て、植木さん、Mie、青木さん、クロちゃん、左上へ、深田さんとMiss Paddingtonさん、そして、のぶちゃんです。