2011年12月6−8日:12月の東京はクリスマスがいっぱい
慌しくなってきた12月、上京しました。大分空港のロビーには、ピンクのボールをたくさん飾ったクリスマスツリーが立っていました。 
羽田空港の第2ターミナルにギャラリーが出来たと聞きました。12月の展示は「忠臣蔵展」でした。
赤穂の近くで育った私は、思わず展示に惹き込まれてしまいました。

夕方まで時間があるので、空港バスであちこち見学です。国際線にやってきました。吹き抜けを突き抜ける大きなツリーが立っていました。
外は冷たい雨が降っています。とても寒い夕方です。今夜は息子たちとゆっくりと食事&おしゃべりです。

東京ミッドタウンへ行きました。イルミネーションが素敵です。
雨に煙って、ちょっと幻想的な雰囲気になっています、でもとっても寒い夜になっています。
ギャラリーのような建物が見えてきました。目的のイタリアン料理のお店です。
ガラスにイルミネーションが映って素敵な建物がますます素敵です。 「CANOVIANO CAFE カノビアーノカフェ」です。
パンをどうぞ!真っ白のクロスの上に直接パンをサーブしてくれます、私は初体験でちょっと驚きました。
京人参やごぼう、ネギなど、素材にこだわり、素材の持ち味を生かした料理法で、イタリアンと言いながらさっぱりと頂く事が出来ました。 ワインとの相性も良くて、おいしくお料理を頂きました。
ドルチェ(Dolce)は、「マスカルポーネのクリームを包んだカカオのクレープ 温かいベリーのソース」というとても珍しいデザートでした。マスカルポーネとベリーソースがとってもおいしかったです。
色々な話もゆっくりと出来て、おいしいお料理と共にとても良い時間でした。 
外は雨が上がっていました。ライトアップが雨のしずくでなおきれいでした。
こちらはホテルの近くです。真っ白のクリスマスツリーです。
ホテルのロビーには、可愛いクリスマスのボードが出来ていました。ラップランドのサンタクロースにお手紙を届ける専用ポストが用意されていました。

つい先日、行ってきたばかりのラップランドのサンタクロース村に届けられるのですね。何だかとってもうれしかったです。
今回は、12月の東京という事で、きれいなライトアップ、クリスマスツリーをたくさん見ることが出来ました。そして息子夫婦ともゆっくりと良い時間を過ごす事が出来てうれしい時間となりました。