10月16日、

明日は第36回冬ソナチャリティライブです。今夜は荷物の搬入をしました。
今夜は、4人で、搬入です。Miss Paddingtonさん、TAKAちゃん、Kuroちゃん、Mieです。賑やかに、楽しくお仕事出来ました。
大きなカレンダーのヨンジュンさんが素敵です。
明日は、きっと素敵な冬ソナチャリティライブになるでしょう。
10月17日、

当日になりました。たくさんのお友達が駆けつけてくれて準備も手伝ってくれています。makiちゃんは、4時間かけて下関から、久し振りに駆けつけてくれました。
今日は秋晴れの爽やかなお天気になりました。とっても気持ちの良い海辺の港園です。
ライブの打ち合わせをします。

いつも素敵なピアノ演奏の深田宏一さん、TAKEFIVEの加藤さん、倉藤さんとMiss Paddingtonさんと、一緒に打ち合わせです。映像も担当してくださる加藤さん、少々緊張気味です。
そこへ可愛いお客さまです。中国からの研修生の解ちゃん、文文ちゃん、董麗(トゥ・レィ)ちゃんです。hiromiちゃんがお連れしました。   
打ち合わせの後は、いつものおにぎりタイムです。文文ちゃんたちが、心を込めて作ってきてくださった、春巻き、タカちゃんの差し入れ鶏の唐揚げ、砂肝、サっチャンからゆで卵、Miss Paddingtonさんのおいしい浪速の昆布の佃煮は大阪家族のINAちゃんが送ってくださったものです。Mieはいつものおにぎりです。
会場のテーブル花は今日は可愛いシクラメンです。打ち合わせの出来たプログラムも置きました。
ステージには、いつものヨンジュンさん席、そして、のテーブルには10月13日にお誕生日を迎えられた深田ミニョン宏一さんへプレゼントの花篭、そして、ヨンジュンさんへ差し上げた「ミニハナヨ」のレプリカを飾りました。
ピアノの前にも、可愛いシクラメンの小鉢が並びました。
広島から青木さんが来られました。いつも朝早くの新幹線に乗って、大分まで来てくださいます。本当にありがとうございます。
いつも、ニコニコと受付をしてくれるさっちゃんです。穏やかな秋晴れの日といっても、ここに長く座ってお客さまをお迎えするのは、とても大変なことです。ありがとう!
ヨンジュンさん関連グッズ販売担当はいつもkuroちゃんです。kazueさんもお手伝いで心強いです。
久留米から駆けつけたhitomiちゃんは、チャリティグッズとして、九州ラーメンとカレーを大量に持って来て下さる。冬ソナライブ限定の九州ラーメン・カレー、おいしいですよ。是非、ご利用下さい。
12時過ぎ、いよいよ第36回冬ソナライブが始まります。7月以来です。深田ミニョン宏一さんの演奏のあと、Miss Paddingtonさん登場、「ヨロブン、アンニョンハシムニカ?」
今日の新しいお客さま紹介です。中国からの研修生の董麗(トゥ・レィ)さん、お友達の 文文さんです。
日本語がとても上手ですね。
先ずは映像を見て頂きます。ヨンジュンさん提唱の「HOHOEMIプロジェクト」のレポートカンボジア篇です。まだまだ途上国のカンボジアでは、子ども達への支援がいろいろ考えられています。昨年の暮にカンボジアに行ってきたMieが、「小さな子どもたちも、働いています。学校もまだまだ足りません。どうか、カンボジアの国に皆さんの心を寄せて下さい」と見聞してきたことをお話しました。
深田ミニョン宏一さんのライブ第一部は「太王四神記」から始まりました。
テーマ曲、ホラク、千年恋歌と、「太王四神記」三部作と言われる名曲は、どれも本当に美しいです。
続いて冬ソナメロディの数々が演奏されます。ドラマ「冬のソナタ」でヨンジュンさんを知った私たちです。何度聞いても、美しい画面が目に浮かんできます。
私たちスタッフは、その演奏を聞きながら、お茶の時間の準備です。今回は、栗の渋皮煮が入ったMiss Paddingtonさんお手製のシフォンケーキマロン味と、トッピングは久留米のtakeさんの農園で収穫されたルビーキィウイです。切り口のルビー色の美しさに驚きました。
今からは、13日に誕生日を迎えられた深田ミニョンさんには内緒のサプライズ ハッピーバースディです。
ヨンジュンさんからも、お祝いのメッセージが届いていますよ〜〜Miss Paddingtonさんの機知に富んだ挨拶です。
「大分から熱くぺ・ヨンジュンさんを思う会」の我らが希望の星・千津子さんからプレゼントがありました。「ありがとうございます」と深田ミニョンさんの優しいハグです。
Mieからも、「四月の雪」特製のスポーツタオルをプレゼント、
そして、Miss Paddingtonさんからは素敵なお花のアレンジメントをプレゼント。

会場の皆さんで、「Happy Birthday !」を歌って、お祝いをしました。
Miss Paddingtonさんが歌います。「Tha Rose」心を篭めた歌声は、会場に感動を呼びました。
昨年のMiss Paddingtonさんから深田さんへの誕生日プレゼントの Arnaldo Bassiniの濃紺のシャツがとてもお似合いのミニョンさんです。
ここでMiss Paddingtonさんにサプライズ。中国からのお客さまの さんから、可愛い可愛いバラの花束のプレゼントでした。歌と同じ「Tha Rose」に感動しました。「今日はここに来れて本当にうれしいです。」と日本語と中国語でご挨拶をして下さいました。
その中で教えてもらった中国の挨拶の言葉「いつも心が気持ち良くお過ごし下さい」が素敵でした。
お茶の時間です。シフォンケーキマロン味が配られます。皆さん、珍しいルビーキィウイに驚かれています。
今日の紅茶、最初は「アジアンドリーム、続いてスリランカからの紅茶ヌワラエリアです。今回はおしゃべりタイムをたっぷり取りました。皆さん、テーブルの方とケーキと紅茶を楽しみながら、お話をたくさんなさっています。
今日もスッキリと和服姿で来られたkaoruさんです。テーブルのお友達は  さん、aikoさんです。
aikoさん、今日も差し入れのアジ寿司、本当にありがとうございます。
今回もご紹介されました「ミニハナヨ」のハート型ボックスを持っての記念写真は、左から久留米のTakeさん、Miss Paddingtonさん、Masakoさん、下関から3年ぶり?かけつけてくれたMakiちゃん、久留米のhitomiちゃんです。
ヨンジュンさんに贈った「ミニハナヨ」に美しい中国語で、思いを連ねてくれた中国の文文ちゃん董麗(トゥ・レィ)ちゃん、レプリカを見て感動してくれています。こんな風にして、ヨンジュンさんに届きましたよ。
津久見から駆けつけて下さる、池野谷さんたちも紅茶にケーキを楽しまれています。
Takeさんが、先日、ハワイへ行ったお話しをしてくれました。その少し前に、ヨンジュンさんもハワイへ行かれました。その時の写真から、ハワイの休暇を楽しまれたヨンジュンさんの足跡を辿ったお話はとっても楽しかったです。
4時間かけて下関から駆けつけたMakiちゃんが、帰る時間になりました。先ずは皆さんにご挨拶、先日、ソウルへ旅行した時に、ホッシー君に会った話をしてくれました。ホッシー君も大分での留学生活から、北京へ行き、今はソウルでお仕事をしています。大分の皆さんによろしくとのうれしい伝言でした。
第二部深田ミニョンさんピアノライブは、冬ソナの素敵なヨンジュンさんを見ながら、様々なジャンルの素敵な音楽が飛び出す、深田ミニョン宏一ワールドです。
シェルブールの雨傘、秋の日本の唄メドレー、赤とんぼや里の秋、中国からのお客さまに、是非、聞いて頂きたいので弾きますね、とのコメントがありました。
そして、私Mieにとってうれしい演奏はドラマ「春のワルツ」からテーマ曲「Flower」と「愛しのクレメンタイン」です。とっても素敵でした。ありがとう♪
深田ミニョンさんのピアノライブ、最後はまだ少し早いですけど素敵なクリスマスメロディーです、「ホワイトクリスマス、ジュディ・ガーランドのHave Yourself a Merry Little Christmas 気分はすっかりクリスマスになりました。
そして
最後に、中国からの皆さんと一緒にカメラにおさまって下さいました。
第36回冬ソナチャリティライブもそろそろお仕舞いです。最後に今回も無事に冬ソナライブを開催することが出来た感謝を込めてMiss Paddingtonさんが「MOMENT」を歌います。
心の篭ったMiss Paddingtonさんの「MOMENT」に皆さん、うっとりされています。ヨンジュンさんのいらっしゃる限り、深田ミニョンさんのいらっしゃる限り、冬ソナライブを続けましょうとの思いのMiss Paddingtonさんです。次回は来年2月を計画しています。どうぞ、たくさんの方、ご参加下さいね。
無事に第36回冬ソナチャリティライブが終わりました。スタッフ、お友達、力を合わせて会場片付けです。そして、2階で打ち上げをしました。
外は、真っ暗な海に、丁度神戸行きのフェリーが出港するところで、ライトが美しく波に揺れていました。
今回も無事に終えられて、本当に良かったです。打ち上げも、お話が弾み楽しく終えました。久留米からのTakeさんは今から高速を運転して帰宅です。どうか気をつけて走って下さいね。私たちは、たくさんの荷物をMiss Paddingtonさんの家へと運びました。
次回は、2011年2月です。
「ヨロブン♪ ト マンナヨ〜」
写真&文責:Mie