2008年5月29日:熊本「子ども係勉強会」と「ウィーンの森」
今日は熊本友の家で九州部の「子ども係勉強会」出席のため大分友の会の子ども係と総リーダーと一緒に出かけました。
昨夜来の雨は小降りになっていましたが、真っ白の霧の中のドライブはとても恐かったです。
熊本に入ると霧は上がり暑くなりました。

途中、宮本武蔵のお墓に寄り、休憩です。
熊本友の家には、九州部各地から41名の参加があり、各地の盛んな子どもの集まりや母の集まりの報告を聞きあいました。
若いお母さんたちが子どもの着易い、遊びやすい、そして、子どもらしい服を手作りにと先輩会員の指導の下、縫い上げた服の展示とお話がありました。
土曜日ごとに開く子ども会では羊の毛刈りから、作品作りまで、継続して学んだことの報告。
子ども会で手作りした羊毛の作品、ろうそくなど、展示してありました。
幼児に食べさせたい食の目安の量に基づいて作られた献立の実物展示です。
とてもしっかりとした分量だと思いました。5歳半、とてもよく食べる子どもの量だそうです。
子どもは個人差も大きいが、目安の量を基準にバランスよく食べ、機嫌よく過ごせて、体重も増えていくようならそれがその子の適量ということになるようです。
幼児は体が小さいので、一日に食べさせたい量を4回に分けて食べるという4回食をすすめています。
今日の昼食は熊本友の会の食研究グループの皆さんが作ってくださいました。
とてもおいしかったです。ご馳走様でした。
午後も熱心な話し合いが続きました。
3時半終了、お茶の時間、反省会の後、帰途に付きました。

帰りは、大分友の会の友達と一緒に「ウィーンの森」に行きました。
是非、この素敵なカフェで一緒におしゃべりがしたかったので、とても楽しい時間になりました。
ウィーンのカフェと同じスタイルでコーヒーを出してくれます。ケーキはどれでも好きなものをチョイスできます。
このカフェのお勧めのスタイル「カフェブラウナー&ケーキのヤムゼ」お菓子はもちろんザッハートルテです。
左は同じセットにケーキはブルーベリータルト
私は、「アインシュペンナー」「一頭だての馬車の御者」という名前のコーヒーです。混ぜずに飲むのがウィーン流です。はじめ冷たいクリームが喉を通り、後から熱いコーヒーが身体をホッとさせてくます。ケーキは洋梨のタルト、本当においしかった〜〜
夕食は菊陽町の57号線沿いでみつけた「まいどおおきに食堂・光の森食堂」です。たくさんのお惣菜の中から好きな物を選んでたべることが出来ます。本当にたくさんのお惣菜で驚きました。
いつも友の会で集まって顔を合せている私たちですが、議題が多くて、ゆっくりした時間を持つことは無いですが、今日は、勉強会の後、三人で一杯おしゃべりの時間が持てて、とても有意義で楽しい一日になりました。