いつも前夜に搬入をしていますが、今回は忙しくて出来ませんでした。いつものスタッフも介護のために来れない人もいたりして、緊張のうちに打ち合わせが始まりました。
どのポスターをどこへ貼ろうかな?楽しいヨンジュンさんのポスター貼りです。Miss Paddingtonさん、yokoさん、くろちゃん、masakoさん。
私は、テーブルの上を飾るお花のラッピングをしています.
設営中の会場は雑然とした中にも夫々の責任でキビキビとした働きが見られます。
お花のラッピングが済みました。テーブルを拭きあげて真ん中にお花を置くと、テーブルセッティングが始まります。
テーブルが整ったところで、恒例のおにぎりタイムです。
aikoさんが、高菜の漬物と共においしいアジ寿司を一杯作ってきてくださる。この後、いつものrikaちゃんママのお漬物、蕗の葉の佃煮、ootaさんのパンなど頂きました。ありがとうございます。
12時、いよいよ始まります。Miss Paddingtonさんのご挨拶。
今、ニューヨークへCF撮影に行かれているヨンジュンさんに、私たちの応援が届きますように、との思いを込めてライブを開きます。
今日も多くの皆さんが集まってくださいました。rikaちゃんが、最初の紅茶《NUWARA ELIYA 2008新茶》をサーブしています。
 
「スリランカの紅茶のシャンパン」標高1800mの茶園から風が吹いてくるよう〜爽やかなテイストに病みつきになる紅茶ファンが多い。
パディントン一押しの早春のTEA。和、洋、中、イタリアン、お料理からお菓子まで何にでも合いますよ。
ひとわたりサーブが終わると、次の紅茶の準備に入るrikaちゃん。毎日のお仕事で疲れている中、黙々と手を動かしてくれています。サポートはhiromiちゃんが努めています。
先ず最初は、今回ライブに来れなかった大阪のuedaさんが今日の参加の皆さんへと送ってくださった「MBC大賞」の字幕入りDVDの上映から。
2007年度MBCベストカップル賞受賞のドラマ「太王四神記」のぺ・ヨンジュンさんとイ・ジアさん

以前にも見ていましたが、字幕付きなので更に詳しく判り皆さんもとても楽しまれました。
MBC大賞受賞のヨンジュンさんに前年度受賞者・ソン・イルグクさんからトロフィーの授与。

ヨンジュンシ チュッカハムニダ。
三度の怪我をも乗り越えて完成させた「太王四神記」の主役タムドクを熱演したヨンジュンさんのご挨拶。今、日本ではNHK地上波で放映中。昨日の4話で、子役に代わりヨンジュンさんが登場でした。
「冬ソナライブ」の素晴らしいピアニスト・深田ミニョン宏一さんの編曲によるドラマ「太王四神記」のテーマソングの演奏です。
ドラマでのオーケストラ曲の雄大さを見事に演奏して下さる深田ミニョンさんです。

会場の一同、息を詰めて聞きました。
続いて同じくuedaさんが送って下さった「太王四神記」スペシャル字幕版を見ました。ドラマの撮影秘話など大感動のDVDでした。

本当にありがとう!
撮影が終了した瞬間に抱き合うキム監督とヨンジュンさん。感動の一瞬でした。
ドラマは大勢の協力作業ですね。俳優、スタッフ共に息を合わせて完成に漕ぎ着けました。この集合写真はとても尊いものだと思いました。

無事に撮影終了、おめでとうございます。
Miss PaddingtonさんのWelcome talk :遠方からの参加者、初参加者などのご紹介がありました。広島からaokiさん、山口からmakiちゃん、佐世保からsimomuraちゃん、福岡からtakeさん、 shokoちゃん、 hitomiちゃん、

ライヴデビュー7人も!
小倉から hanadaさん、宇佐 sanmaruさん、津久見のikenoyaさん、中津のtakeshitaさん、富士見が丘のogimoto さん、ミニョンさんの生徒さんで明野から katouさんとそのお姉様。
深田ミニョンさんの演奏一部は「冬のソナタ」の画面を見ながら、「冬ソナ」の名曲の数々の演奏です。
「冬ソナライブ」の特等席はかんたん倶楽部ホールの両側にある階段席です。みなさん、ウットリ、中には涙を流しながら聴かれている方もいらっしゃいます。
通りがかりの、外国人観光客の方も聞いて下さいました。
「ホテリア」からドンヒョクのテーマ、満開の桜の道を歩くドンヒョクさんが素敵でした。
Tea breake です。津久見の老舗神徳 特注カステラ、ザラメの食感が懐かしい、”大いなるカステーラ♪”とても美味しい!
kathukoさんがオーダーして運んで下さいました。
紅茶は《KANDY 2008新茶》渋みの少ないマイルドな、赤ちゃんから飲める優しい紅茶は家族で人気。水色が世界一美しい。
昔ながらの伝統の美味しいカステラにとても合いました。

♪ボンマリアージュ!相性最高♪

紅茶を頂きながら聞いて頂いたのは、2005年8月31日サイタマアリーナでの「ぺ・ヨンジュンApril Snow 再開」の指揮をされた金聖響さんのブログ記事。
中津のtakeshita さんが記事を持って来て読んでくださる。ヨンジュンさんの素敵な人間性が判る記事でした。
rikaちゃんが、手作りいちごジャムの試食の準備をしています。香りと色のとても美しいいちごジャムです。いつもチャリティー販売にと忙しい中、季節のジャムを作って持って来てくれます。
次に紹介したのは、つい最近、青木さんがソウルでヨンジュンさんに遭遇した時の姿を忘れないようにと描いた絵です。
撮影時の怪我で松葉杖の生活が続いていたヨンジュンさんが、美容院から出てこられた時の姿です。松葉杖も取れ、元気なお姿でとてもうれしかったとその時の様子を話して下さる。
第二部の演奏は「春のワルツ」からです。
美しい映像に合わせて、ショパンのセレナーデ、スケルツオなど深田さんの演奏はとても素敵です。
最後は、「クレメンタイン」の演奏でした。何度聞いてもうれしい演奏です。
続いて「冬のソナタ」に合わせて、深田さんの演奏が続きます。
今回も私たちの心を届けましょう。ワールドビジョンの募金箱を回しました。多くの方が賛同して下さるのがとてもうれしいです。
今回もたくさんの方が参加して下さって第27回の冬ソナライブを開くことが出来ました。感謝の気持ちを込めてMiss Paddingtonさんが歌います。
世界中の人々に愛と勇気を与えてきたベッド・ミドラーの”The Rose" 

♪冷たい雪の下で長い冬をじっと耐えてきた一粒の種が、
太陽の愛を受けて 春には一輪のバラを咲かせる。
その種はあなたです。♪
 
ヨンジュンさんを想いながらの熱唱です。本当に素晴らしい心の歌で感動しました。皆さんも同じ思いで聞かれていました。
毎回、ライブの様子をtakaちゃんがビデオに撮ってくれています。ビデオに向かって参加者の皆さんでヨンジュンさんにエールを贈りました。

「ヨンジュンさん、元気で大阪に来て下さい、待っています!」
皆様の協力で今回も無事に終えることが出来ました。ありがとうございました。TAKEFIVEの佐々木さん、いつも素敵な映像出しをありがとうございます。また次の会も、よろしくお願いします。

会場撤収は皆で協力してテキパキと素早く終えることが出来ました。
打ち上げはいつもの中華料理のお店「慶春」です。takeさん、simomuraちゃん、shokoちゃん、hitomiちゃんと遠来組も参加となり、深田さんを囲んでゆっくりと楽しい打ち上げになりました。
今日のおまけは、かんたん港園で開かれている
「ハンギングフラワーバスケットコンテスト」のお花たちです。