2007年6月24−25日:冬ソナライブの後に由布院へ
第22回冬ソナライブには東京からkeikoさん、横浜からヨッシーさんが飛んできてくれました。一緒にその夜は由布院へ。
今夜の食事は玉の湯の葡萄屋さんです。シャンパンを頂き、乾杯をしました。
涼しげな盛り付けの前菜です。鮎、卵、タイの握り、などなど、野菜の味が違うと感激してくれるお二人です。
豊後牛の炭火焼を頂きました。とても柔らかくて、おいしいです。
デザートは、ラウンジへ運んで下さった。真っ白のあじさいが美しい。
6月25日、

お宿から見た、朝の由布岳。朝日が顔を出してくれて良かったです。
お宿での朝食のあと、玉の湯のティールームNicolでコーヒーを飲みました。木々の緑やオハグロトンボを見ながらのコーヒータイムはとても落ち着きます。
次にでかけたのは、「クラフトとき」さんです。木の器が大好評。そこで私は、ゆふいん音楽祭東京実行委員の皆さん再会、うれしくて、記念写真です。
ゆふいん音楽祭の会場にもなるアルテジオに行きました。音楽をテーマにした美術館、世界の巨匠を写した写真展が開催中でした。
おいしいコーヒーのサービスを受けてうれしかった私たち、アンディ・ウォーフォールのヴェートーベンの前で記念写真です。
今日のランチは「無量塔」です。アルテジオの裏から歩いて行けます。真正面に由布岳。
涼しいお部屋に通されて、おいしい夏のお料理を頂きます。これは鮎墨焼きです。
季節感をたっぷりに盛り込んだ向八寸。食べるのが勿体無い盛り付けですが、とてもおいしくてたちまち・・・・・
デザートはTan's Barで頂きました。窓外の緑が涼やかです。
大きなスピーカーからは、静かな音楽が流れ、しっとりと落ち着いた家具と電灯の明かりが心を沈めてくれます。
少し外を散歩したり、おみやげを見に行ったり、由布院を楽しみました。山アジサイが清楚で美しいです。
私は、明日の予定があるので、夕方皆さんと別れて帰りました。もう一泊、由布院を満喫して帰るという遠来の客。今度は東京で会いましょう。

素敵な「冬ソナチャリティライブ」と由布院をありがとう!
写真・記録:Mie(miecolor)

BACK