2007年3月21-22日:花もだんごもin東京
美しい菜の花畑、ここはどこ?大分空港の隣です。見事な菜の花畑でした。相変わらず菜の花の気になる春です。
菜の花畑に入れるように、通路が作ってありました。飛行機の時間までを散歩しました。とても甘い香りがする、知らなかったです。菜の花がこんなに香りが良かったなんて。
大分空港の出発ロビーです。〜竹から生まれたかぐや姫〜のようにお雛様がたくさん飾ってありました。
予定通り飛行機は羽田空港に着きました。しかしまあ〜出口までは遠かったです。動く道路はありますが、足の弱い方は、大変だと思いますね。
ホテルで友人と待ち合わせて、ちょっと遅いランチに出ました。やってきたのは「東京国立近代美術館」です。

春めいてきたお堀端には、寒緋桜と黄色い菜の花がとても美しい。
東京の桜の開花宣言が昨日出たばかり、大勢の人が思い思いに散策しています。
そんな様子を眺めながら、美術館のレストランのテラスでランチ。鶏と豚肉、二人でわけて食べました。鶏肉はローズマリー、豚肉には青じそがたっぷり、香り良く仕上がっていました。
寒緋桜と菜の花の前でパチリ!
とても濃い緋色をした桜です。
東京国立近代美術館に入りました。
ここは、いろいろ面白い椅子が置いてあるというので、探してみました。

ブラインド越しにシルエットが面白かった椅子、外へ出てみると、背もたれが軽快な椅子でした。
美術館の展示には、高名な画家の素晴らしい絵がたくさんありました。特に藤田嗣治、佐伯雄三、国吉康雄、川合玉堂、古賀春絵、小林古径、高村光太郎の彫刻、などなど、
中村彝《エロシェンコ氏の像》が見られたのはうれしかったです。
閉館時間、もう少しゆっくりしたかったけれど、出てきました。お堀端の白木蓮の下は、絵を描く人、カメラを構える人がたくさん居ました。
ホテルで一休みのあと、今夜の食事は、「オペラハウスの魔法使い」というお店の名前に惹かれて入りました。大きなシャンデリアが中央天井にさがっている、レストラン、壁には仮面舞踏会のマスクが並んでいました。
メニューもとてもユニーク、

上は、食前酒〜舞踏会招待リスト〜「オペラハウス特製カクテル」と〜二人の秘密の恋〜「Two Key Spoon Dish」右はメインデッシュ〜アメーリアの潔白 願いを美声に乗せて〜「鰆の香り焼き、ジェノバソースレモン添え」
左は〜レナートの裏切られた苦悩とリッカルド愛の歌〜「和牛頬肉のトロトロ柔らか煮込み」
デザートはフレッシュブルーベリーと桜SAKURAのアイスrクリーム二種盛り」サブタイトルは〜深紅に染まるリッカルドとアメーリアの・・・・

道理で若い人が多かった〜

しかし、お料理の味はとっても良かったです。
22日のランチは東京のお友達も加わって3人でホテルのイタリアン。
ワンプレートランチ、お手ごろです。ホッカチャもおいしかったです。
3人で友の会のことなど、とてもたくさんお話が弾みました。
会議で行った自由学園「明日館」の前庭には、真っ白のヒヤシンス・スノーフレークが満開でした。
miehome