English
2005年2月26日:帰国ワシントンD.Cから、大分へ
いよいよ、ワシントンD.Cとお別れの日になりました。塚本氏のアパートには大変お世話になりました。地下で洗濯をします。
その間に3人で散歩に出ました。バスが走っていましたが、クリーンナチュラルガスで走るバスと書いてありました。
アパートから数分でケネディセンターです。朝早いので、人も少ないです。The Hall of Nationsです。
こちらはThe Graund Foyer です。ケネディ大統領の顔が置かれていて、天井からは1トンの重さのあるクリスタルのシャンデリアが18基下がっている大きな部屋です。(写真をクリックしてください、大きく見えます)
丁度、1940年代のTIME誌の表紙展をしていました。
ケネディ大統領の声を聞くことができます。(写真をクリックしてください、大きく見えます)
The River Terrace に出てみました。まだ風は冷たいですが、どことなく、木々の芽吹きがを感じることが出来ました。
ギフトショップで記念に手提げを買いました。ケネディセンターを出て、ウオーターゲイトビルをバックに。
洗濯物も出来上がり、いよいよ荷物をトランクに詰めて、出発です。大変お世話になりました。
ワシントンの中華街から、出るバスに乗って、NYへ戻ります。
バスのチケット販売の旅行社の看板です。私たちは、塚本氏がインターネットで、購入して下さっていました。
雪の残る高速をバスは走ります。車内はあちこちから携帯電話で話す人の声がします。英語、中国語、韓国語、スペイン語と本当に様々です。バスの運転手はNYに着くまで4時間、ほぼ携帯でしゃべりっ放しでした。(写真をクリックしてください、大きく見えます)
いよいよ、NYも近くなりました。まもなくニュージャージーです。
ニュージャージーを走る頃、前方に自由の女神が見えてきました。(写真をクリックしてください、大きく見えます)
そして、マンハッタンのビル群も見えてきました。
ニュージャージーからは、トンネルでマンハッタンに入ります。
ワシントンD.Cの中華街を出発して、休憩なしの4時間で、マンハッタンの中華街に着きました。道路を横断しているのは、ブルックリン橋です。
バスを降りて、塚本氏にお礼をいって別れました。本当にありがとうございました。

今夜のホテルは、到着時と同じ、マリオット・ラガーディアです。空港は夕焼けです。
夕食はまた、スポーツバーにしました。そこでは久しぶりにおいしいベイクドオニオンスープを食べました。
さあ、ラガーディア空港にやってきました。いよいよ帰国です。お別れにベーグルを食べました。
ラ・ガーディアからシカゴのオヘヤ空港到着です。今回はシカゴでゆっくり出来なくて残念です。

ここからは、関空まで一気に、と予定していましたら、ナントまた、その便がキャンセルになっていました。あ〜あ、何てことでしょう。代替便の紹介を受けました。シカゴで一泊という人がたくさんあった中で私たちは運良く成田経由で帰国できることになりました。
しかし、オヘヤから成田までは長かったです。映画を見たり、食事をしたり、腰が痛くなりました。
時折は、機内の散歩もしました。丁度、アラスカ上空を飛んでいます。右上はマッキンレーです。(写真をクリックしてください、大きく見えます)
キャビンアテンダントの方も、今日は本当にきれいに見えますとのこと。

行きも帰りもスケジュール通りにはいかなかったけれど、でも、楽しい旅行になりました。トランクは3日後に無事に我が家に到着しました。

帰るなり、また行きたくなる旅行です。
Back End
Mie Home 旅行の記録トップページ