English
2004年2月28日:ごみゼロおおいた推進隊第2回研修会
ごみゼロおおいた推進隊第2回研修会、会場は県庁総合庁舎14階大ホール13:00〜16:30
県庁のすぐ側には、私の大好きな大分の彫刻「西洋音楽発祥の像」があります。
昨年12月6日、ごみゼロ推進隊として認証された30団体が集まります。われらがBuNGO Channelももちろん、出席です。今が満開の豊後梅の前で代表の森さんと永野Kの記念写真です。イザ出動!
受付を済ませます、席は一番前列だそうです。
会場の準備も立派に整っています。
次々と出席の皆さんがプレゼン用のデータをパソコンに入力して練習をしています。
振り向くと会場は、一杯になっていました。中学生から、シニアの皆さんまで、大分をごみゼロにしたいという皆さんが集まりました。
生活環境評論家の松田美夜子氏の登場です。各団体のプレゼンを聞かれてアドバイスをして下さいます。
OHPを使ったり、手書きのパネルで活動の様子を話したり、これからの活動予定を報告するグループもあります。
最後は広報部門の登場です、BuNGO Channelの森さんが先ずは、かねてより申請していたNPO法人承認の報が今朝届いたことを報告しました。
ITを使っての広報部門らしく、ポイントキャストでのアピールです。
30団体の情報を集めホームページを作り、ごみゼロのネットワークを作りたい、そして、広く活動を全国に報せたいと熱く語ります。
広報部門の四団体が揃いました。左から「EMOTION」「BuNGO Channel」「GO美の会」「環と輪」の各代表です。
最後に松田さんが「大分から日本中へ発信していきましょう、頑張りましょうね」とエールを贈って下さいました。
会場後方には、活動の様子が分かる展示もありました。これは、中津市の「水辺に遊ぶ会」の作ったトランクミュージアムです。全て、海辺に流れ着いたごみと聞いてびっくりしました。
同じ思いの皆さんです、いつまでも交流の輪が広がっていました。

30団体の輪がいつまでも続き広がるように、ネットワーク作りのお手伝いもしたいBuNGO Channelです。大分がごみゼロになるように、手をつないで活動をしていきましょう。
BuNGO Channel 写真と文責:永野