English


2001年8月15日:朋あり遠方より来るまた楽しからずや
我が家の庭芙蓉の花がようやく咲き始めました。また、木立ベゴニアも夏の暑さに負けない真っ赤な花を美しく咲かせています。今日は送り盆の、そして終戦記念日です。友の会のお友達で、COARA会員の小濱さんがお母様の初盆で、東京から帰省されています。
今日は小濱さんの自由時間を友達のアキちゃんと一緒に過ごすことになりました。

まずは、大分名物「とり天」を食べたいとお仕事中の森さんにおいしいお店を聞きに行きました。
それなら、大分一おいしいお店があるよ、と森さんのアドバイス。お盆でも営業しているか、お店のパソコンを借りてインターネットで電話番号を検索しているアキちゃんです。
営業中のお店を離れられない森さんを残して私たちはおいしい「とり天」のお店・レストラン丸山にやってきました。
小濱さんは私がFOOD−MLにアップした「とり天」のレシピで時々作るそうです。

元祖の味はいかに?ウーーン、いつも作るのと良く似た味だったとか。これからもあのレシピで作りたいと小濱さん。ああ、良かった。
長い休暇を取られた小濱氏は、食後は早速、お仕事のメールの確認です。



元祖とり天の店 レストラン丸山:大分市顕徳町1-6-15 .537-5538
小濱氏と大分で別れて、私たちは、我が家へ。夫が点ててくれたコーヒーを飲みながら、パソコン談義に華が咲く。
まだまだ日は長い、大分らしい景色を見に行こう!と小濱さん、アキちゃんと一緒にドライブに出ました。久住の山々が緑濃く、とても気持ちの良い景色に大満足。
小濱さんが市川友の会でご一緒だったことのある、久住の山田さんのログハウスをいきなり訪問する。
突然の訪問にも係わらず、歓迎をして下さる山田さんご夫妻です。
山田氏の陶芸の作品が展示してあります。
山田さんの家を始めて訪れた人は、ゲストブックに記名します。
ログハウスの素晴らしさに感動した小濱さんです。
山田さんの家を辞して、またドライブ、阿蘇の山並みの見える所までやってきました。夕方の久住高原はもう秋の風が本当に心地よく吹いていました。
久住の山頂は雲の中ですが、アキちゃんに記念写真を写してもらった。
我が家に帰り着き、山田さんの畑からもらってきたきゅうりやトマトで早速お料理を作り賑やかに食事をしました。
夫は「男の料理教室」で習った中の得意料理「中華スープ」をたくさん作って待ってくれていました。

もぎたてきゅうり、トマトもとってもおいしかった。

久しぶりに会った小濱さん、いつも、いろいろパソコンのことを教えて下さるアキちゃんと楽しいおしゃべりはつきません。すっかり夜も更けています。

「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」まさしくこの言葉通りの一日でした。


Mieko Nagano