English
2001年4月28日:「安さんを囲んで同窓会?」
阿蘇山ドライブから帰宅、宮瀬さんの家で小休止。
18時からは大分東洋ホテルのビヤガーデンで「安さんを囲んで同窓会?」ということで
安さん縁のネットワーカーが集まりました。

左から永野Ken、陶山さん、安さん、永野Mie、森さん、手前は松村さん、
安さんに大変お世話になった一昨年の韓国旅行のメンバーが中心で「安さんを囲んで同窓会?」と銘打った集まりになりました。

韓国旅行の時に団長さんを務めた森さんたちが「乾杯!」に沸いています。左から森さん、松村さん、宮瀬さん、
韓国旅行に家族で参加した仲村さんは二人のお子さんと出席です。ご主人のシャーリーさんは、残念ながら忙しく欠席です。
安さんが「百歳酒」という珍しいお酒をおみやげに持って来て下さり、皆に注いでまわってくれました。
「百歳酒」のいわれを安さんが読んでくれています。若い人がおじいさんのお尻を叩いている絵が描いてあります。

そんな情景を見た人が、「お年寄りを叩いてはいけませんよ」と注意をしましたら、若い方が、「違いますよ、私が父親ですよ、息子にいつまでも若くていられるようにとこのお酒を勧めたのに飲まなかったので、私より年寄りになってしまったんですよ」

このお酒を飲むと百歳までも若くいられるそうです。ニンジンなどの薬草がたくさん入った少し赤いお酒です。もちろん、私も少し飲みました。甘くておいしい。
少し遅れて仕事帰りの結城さんがかけつけてくれました。再会を喜んでいる二人です。
東洋ホテルのビアガーデンは、今年は昨日からの開業です。まだ少し寒いです。バイキング形式のお料理、飲み放題のあらゆる飲み物があります。

しかし、目の前でこんな風にしてヤキソバを作ってくれたり、見事なローストビーフをカットしてくれたりとても豪華です。
たくさんのケーキを集めてうれしいアキちゃんと私。

そろそろ夜も更けてきました。記念写真を撮ってお別れです。
 
それでも去りがたく、喫茶ルームで温かい飲み物を飲みながらおしゃべりがまた続きました。
そして、ホテルの玄関で今度こそお別れです。「また今度は韓国で会いましょう」
安さんは、翌29日に我が家へお別れに寄って下さり、宮瀬さんご一家に見送られて帰国されました。そして夕食は宮瀬さん一家と一緒に、安さんのお土産の「百歳酒」を飲みながらの楽しい時間になりました。
大分コアラ   天神コアラ  Mie Home   back