English

2000年の記録   by Mie
1/1(土)晴


いよいよ2000年に突入致しました。危惧されていた2000年問題も起こらず穏やかな新年です。

今年は香港からの留学生がお正月体験ということで我が家にホームステイをしています。お陰で楽しい年明けとなりました。
1/2(日)曇
夜半からの雨も朝のうちに上がり穏やかな日になりました。午後は大分川の土手を散歩して水鳥を見に行きました。
鴨やサギがたくさん浮かんでいるのを双眼鏡で見ました。帰り道は豊後国分寺跡を見て歩き、約1時間ほどの散歩を楽しみました。
1/3(月)曇のち晴



今日はリリアンさんと一緒に別府観光に出かけました。まず、明礬温泉に行って湯の花を作っている所をみました。その後、十文字原から立命館アジア太平洋大学を見に行ったり、別府温泉の”はしご”をして帰りました。

夜はインターネットの友人と団子汁を楽しみました。
1/4(火)晴




リリアンさんとの生活もあっという間に過ぎていきます。もう明日はお別れです。いろいろ楽しいことがありました。今日はリリアンさんと一緒にお土産のクッキーを焼きました。

夜はお互いにメッセージの交換をしました。明日の別れが何だかとても辛いです。
1/5(水)曇りのち雨





とうとうリリアンさんと別れる日になりました。お世話になった方々にお礼を言って夕方の寝台列車で東京へ元気に帰って行きました。

10日間一緒に暮らした私たちは寂しくなりましたが、今度は香港で会いましょうと約束をしました。

夜は、近くの友人・宮瀬さんご一家がお年始に来られて賑やかな時間を過ごしました。
1/6(木)曇り








 
いつもの二人の静かな生活に戻りました。今日はお正月の晴れ着の始末をしたり、お布団を片付けたりしました。

いつもは暮れにしていた家計簿の1年の集計を午後いっぱいかかってしました。集計はパソコンを使うようになって随分、楽になりました。今から今年の予算を立てなくてはいけません。
1/7(金)晴









 
今日は七草の日です。お正月のご馳走に疲れた胃にやさしいお粥、昔の人は本当に合理的な考え方をしていたと感心をさせられる日本の風習です。

「七草なずな、唐土の鳥が、渡らぬ先に、、」昔から七草を刻む時に母が歌っていた歌です。どういう意味か、よくわからないけれど、やはり私も歌いながら刻んでいます。なかなか七草は揃わなくて、大抵2−3種のお野菜なんですが。
私は若い時代、自分が2000年を越えるなんてあまり思いませんでした。しかし、実際に区切りの良い2000年というお正月を迎えて、不思議な気分がしています。コンピューターの2000年問題ということもあって、この節目の年越しはどんな感じなのか、記録をつけてみようと思って始めた日記でした。世界中の人間の英知が結集されて、今の所、大したこともなく、平穏な幕開けとなり、ソロソロこの日記も終わりにしようかなと思います。永い間、読んで下さってありがとうございました。

Mie Home