すみれ組 (4歳児)

すみれ組  矢野 可奈子 
  
 今年は暖冬で、園庭でも遊びやすく子ども達も嬉しそうです。 

 すみれ組の最近の流行は、ドロケイです。ルールをきちんと理解して遊んでますよ。この時期になると、ルールのある遊びも皆で楽しめます。きく組さんがやっているドッジボールにも興味を持っているので、転がしドッジからやってみたいと思います。

 先月は、カルタ大会がありました。
 特定の子がたくさん取ったり、みんな取れるので僅差だったり…と毎年様々ですが、今年のすみれ組はとても白熱した戦いでした。

 勝負にこだわる子が多いクラスなので、最初のほうは気が競ってお手付きがすごかったです。何回か練習すると取り札をよく見るようになって、お手付きは減ってきました。取り方も百人一首の大会を見ているようで…(笑)。本気度がすごかったです。
来年はよりレベルが上がってくると思うので、どんな戦いになるか楽しみですね。

 製作では、お正月にちなんで獅子舞を作りました。子どもたちが獅子舞を知っているかな?と聞いてみると「噛まれたら頭が良くなるやつやろ!」と言っていました。
 体は、はじき絵で作りました。白のクレヨンでうずまきや曲線を描いてその上を絵の具で着色。
 普通ならここでクレヨンが絵の具をはじいてくれるのですが、力が強すぎたのかあまりはじかず、「あれ?」となってしまいました。でも乾いてみるとクレヨンの部分には絵の具が付いていなくて喜んでいました。 今回は、獅子舞の顔のパーツを自分たちで描いて切ってもらいました。それぞれ表情が違って見ていておもしろいです。

 すみれ組にもインフルエンザのお友達がいます。
すごく流行ってはいませんが、じわじわと広がっているようです。

 今月は、雪遊びに縄跳び大会など、子ども達が楽しみにしている行事がありますので、体調をしっかり整えて全員で参加出来るといいですね。