きく組 (5歳児)

 きく組  矢野 可奈子

 朝夕はとても冷え込みますね。インフルエンザなどの感染症も、まだまだ油断できません。体調管理と防寒対策は、しっかり行っていきたいです。

 先月のお餅つきでは、祖父母の方々に大変お世話になりました。慣れた手つきでどんどんお餅が出来上がり、すごかったです。
 子ども達も、一緒にお餅をついたり丸めたり、お家ではなかなか体験出来ない事ができて、とても嬉しそうでした。何よりも、自分たちで作ったお餅は、とても美味しかったようで、私たちも、美味しいお餅に頬が落ちそうでした。本当にありがとうございました。

 一月といえば、カルタ大会というくらい子ども達の熱が入っていた、カルタ!。きくさんにもなると、練習でも本気度が違います。
今年は、練習から誰が勝ってもおかしくないくらいの接戦だったので、私も札を読む毎にドキドキしてしまいました(笑)。 それくらい、どの子も真剣に取り組んでいました。

 真剣勝負なので、やはり勝った負けたがありますが、それよりも『練習から一生懸命頑張った』という所を、自分で褒めてあげて欲しいなと思っています。さあ、次はなわとび大会!こちらも練習の真っ最中です。 100回を超えている子も結構いますよ〜。
今年は何回跳べるかな?

 一月に入り、小学校進学への準備も少しずつ始めています。『時間を見て動こうね』、『今は何をする時か考えようね』と声を掛けています。

 まだまだ、出来ていない時も多いですが、子ども達も少しずつ考えながら過ごしているようです。お家でも『準備を自分でする』、『早寝早起き』など、準備を頑張って欲しいと思っています。
ご協力お願いします。