きく組 (5歳児)

 きく組  矢野 可奈子

 季節は秋からすっかり冬になりました。子どもは風の子と言いますが、寒い中元気いっぱい園庭を駆け回る姿を見ると子どもたちの元気の良さにびっくりしてしまいます。

 先月は、お楽しみ会の練習がメインとなりました。 きく組にとっては最後のお楽しみ会! 子どもたちも有終の美を飾ろうと練習に熱心に取り組んでいます。

 踊りがとても好きなきくさん。「練習するよー!」と声を掛けるととても嬉しそうに集まってくれて私も助かっています。 他のグループの練習も喜んで見たり一緒に踊ってみたりと、練習自体をとっても楽しんでくれています。

 劇は、美女と野獣の言語劇に挑戦です! お部屋の壁にそれぞれの台詞を張り出すと、すごく積極的に読んで覚えていました。でも、踊ったり、動作が入ると台詞がわからなくなってしまうこともしばしば…。
 台詞が身につくまで何度も何度も読み返して頑張っています♪ 総練習も終わり、来週の土曜日は本番!! 最後まで一生懸命練習に取り組んでいますので、頑張る子どもたちに最高の拍手を宜しくお願いします。

 月末には、七月の終わりに植えに行ったお芋を収穫に行きました。 自分たちで植えたお芋とあって収穫にも気合いが入っていました。
 最初はひとつ収穫するのにも時間が掛かっていたけど、コツを掴むのがすごく早くて、どんどん出てくるお芋にびっくり。 お芋掘りのプロのようでした(笑)

時間を忘れるくらい、夢中で掘っていました。このお芋は、園内で焼芋にします! 自分たちで収穫した分、おいしさも倍増でしょうね。

 さて、インフルエンザなどの感染症も心配されるようになりました。28人全員でお楽しみ会を迎えるためにも、体調管理をしっかりしましょうね。