きく組 (5歳児)

 きく組  中岡 朋士

 冒頭から、私の『梅干し日記』ですが、しばしお付き合い下さい…。
六月下旬の参観日で、親子で漬けた梅干し。先月下旬に、園庭で土用干しを行いました。

シワシワで、美味しそうな梅干しになるさまを観察し、味見してみたり、紫蘇でゆかりを作ったり、大変美味しく仕上がりました。

 夏バテ対策と熱中症予防としても、活用(美味しく食べる)したいと思います。

 さて、先月はプール遊びが中心の生活でした。しかし、活動が沢山のきく組さんは、なかなかゆっくりプールに入れず、日々の活動を行った後に楽しんでいます。ですので、短い時間内でどれだけ楽しむか!楽しませるか!を、日々工夫して取り組んでいます。

 生活の中では、タオルで汗を拭いたり、汗をかいたら着替えたり 自発的な姿も見られるようになってきました。これからも、時間がかかっても試みる気持ちを育むべく、見守りと援助を心掛けたいと思います。

 今月も、イベントが目白押しです。「お泊まり会や地域の盆踊り、プリン会、おやじ会…等々」保育園の行事だけでなく、地域の行事にも顔を出し、より良い育児環境を社会全体で構築していけるネットワーク作りを目指していきたいと思います。

 そして、運動会に向けた活動も始まります。いよいよ気持ちも身体も運動会モードへ『シフトチェンジ』していかなければ…。

 先日、食育の講演会に参加したところ、「朝ごはんに味噌汁を飲むと、熱中症にならない!」と言っていました。子ども達同様、我々大人もきっちり朝食をとって、酷暑を乗り越えましょう。