祈願・祈祷のご案内

ホーム / 祈願・祈祷のご案内

祈願・祈祷のご案内

当山は祈願寺として知られており、僧侶が祈念、祈祷を行い、皆様の所願成就をお祈りいたします。

なかでも特に、安産祈願で知られる当山。毎月の戌の日には、たくさんのご懐妊中のお母様方がお参りになります。観音様にご一緒にお祈りすることで、心身ともに健やかになれるよう、手を合わせましょう。

祈願についてのご質問,お問い合わせは、お気軽にお電話ください。

詳細については、各項目をクリックしてください。

お子様に関する祈願
安産祈願
子宝成就祈願
名付け
初詣参り(お宮参り)
虫封じ
七五三参り
厄除けに関する祈願
厄除け・星まつり
その他の祈願
一般祈願
護摩祈願

祈願・祈祷のお問い合せはこちら

安産祈願

安産祈願

犬は子を多く産み、安産であることにあやかり、妊娠5か月目に入る妊婦さんは、戌の日に腹帯をあててお祓いを受けると、お産が軽くなるといわれています。母子の健康と、無事の出産を願う祈願です。

予定日まで願掛け祈祷をいたします。安産のお札,安産御守り,お洗米,護符,腹帯(さらし)をお授けします。

安産祈願のご案内はこちら

子宝成就祈願

子宝成就の願掛けを行います。

名付け

お子様の命名のアドバイスをいたします。

初詣参り(お宮参り)

赤ちゃんが無事に誕生すると、仏縁を授かるためにお参りをします。本尊に無事誕生したことをご報告し、生涯のご加護,健やかなる成長,健康を祈願します。
男の子は生後31日目,女の子は生後33日目に祈願するのが一般的です。

虫封じ

お子様のの夜泣き,かん虫封じを祈願します。

七五三参り

11月15日、お子さんに晴れ着を着せてお参りをし、これまでの成長を感謝し、今後の幸福を願って祈願します。
男の子は3歳と5歳,女の子は3歳と7歳に祈願します。数え年、満年齢どちらでも祈願できます。

厄除け・星まつり

厄年とは、精神的,肉体的に変化の多い人生の節目にあたる年のことをいいます。厄年には、災難に遭いやすく、苦労の多い年廻りであるとされています。厄年には、自分を反省して、良い年廻りになることを祈願します。

男性の厄年
大厄(42歳) 前厄 昭和54年生まれ 41歳
本厄 昭和53年生まれ 42歳
後厄 昭和52年生まれ 43歳
厄年(25歳) 前厄 平成8年生まれ 24歳
本厄 平成7年生まれ 25歳
後厄 平成6年生まれ 26歳
厄年(61歳) 前厄 昭和35年生まれ 60歳
本厄 昭和34年生まれ 61歳
後厄 昭和33年生まれ 62歳
女性の厄年
大厄(33歳) 前厄 昭和63年生まれ 32歳
本厄 昭和62年生まれ 33歳
後厄 昭和61年生まれ 34歳
小厄(37歳) 前厄 昭和59年生まれ 36歳
本厄 昭和58年生まれ 37歳
後厄 昭和57年生まれ 38歳
厄年(19歳) 前厄 平成14年生まれ 18歳
本厄 平成13年生まれ 19歳
後厄 平成12年生まれ 20歳
厄年(61歳) 前厄 昭和35生まれ 60歳
本厄 昭和34年生まれ 61歳
後厄 昭和33年生まれ 62歳

一般祈願

祈願の内容は、心願成就,諸願成就,身体健全,當病平癒,厄除祈願,方災除祈願,護摩祈祷,無病息災,家内安全,商売繁盛,交通安全,学業成就,合格祈願,諸芸上達,除災招福,五穀豊穣,良縁成就,因縁消滅,金神方除 等です。

護摩祈願

護摩祈願

護摩(ごま)とは、お供え物(護摩木,五穀 等)を炎に当時、神仏を供養する祈願です。火の神が煙とともにお供え物を天井の仏様に届け、願いをかなえてくれるといわれています。
古来より、護摩の浄火を受けることで、厄難をのぞき、星廻りの災いを避け、さらに自分の煩悩を焼き尽くすともいわれています。
護摩祈願の内容は、安産祈願,初詣参り,身体健全,家内安全,開運招福,良縁招福,合格成就,商売繁盛,事業繁栄,厄難消除 等です。

メニュー

サイトマップ/個人情報保護方針

Topに戻る