7)お父さんの逆襲
 97/11/11


 とゆーことで、そのあまりの屈辱的タイムにプッツンしてしまった私は、帰ってくるなりそのカーショップに駆け込んだのはゆーまでもありません。私のタイムを聞いて店長さん、「なぁ〜に次は10秒縮まりますよ」と慰めてくれたけど、でも本当にもう1回走ったら10秒も縮まるのかなぁ?(本当だったら嬉しいけど・・・)

 その数日後、奥さんに根回しをして予算を獲得できた私は、またもそのカーショップに出現。そして一言。「予算20万。内容は任せる。とにかくタイムが出るよ〜にして!」

 そ〜なのです。後ろを走ってた者に聞いたところ、「(私の車は)横転するかと思うほどロールしてた」とのこと。そりゃそうでしょう。いくらランサーの足が市販車としちゃ堅いとゆっても、所詮はノーマル。しかももう10年も走ってる。とてもサーキットを走れたもんじゃなかったのです・・・。

 とこーやって、ついにランサーにも手が入ることになったのであります。まぁ予算は限られてるものの、とにかく目的はハッキリしてるんで、まずは足回りとタイヤをどーにかしようってなった模様。私が口を挟んだのは「4点式のシートベルトも付けてね」って点だけ。そして出来あがったのが下記の仕様。

 タイヤ  ポテンザ RE520S ミディアム
 アルミホイール   中古品(走れりゃ十分!)
 サス  タナベ H150
 ダンパー  カヤバ  F/SRスペシャル R/8段 
 ブレーキパッド  ウインマックス #31 + DOT4規格のオイル
 シートベルト  ウイランズ 4点式

 しめて20万円ちょうど。いやちょっとお釣りがきたかな?けっこ〜サービスしてくれたのでしょうか、思いの他いろいろできちゃいました。タイヤなんかセミ・レーシングタイヤなのです!(通称セミレ。初めて使います。もち普段は履きません)もっともサスやダンパーなどは、車が古かったせいでほとんど選択肢がなかったらしいのですが・・・はは。

 そして店長さんいわく「これなら15秒縮まります」。う〜ん期待と不安が。もしこれで期待通りのタイムが出せなかったらどーしよう?もう車のせいにはできなくなったぞ!


 ←前へ   次へ→ 

↑メニューに戻る