[ 太極拳の修業 in 上海 (修業編) ]




1999年5月3日と4日に、呉昌碩(ゴショウセキ)記念館で、太極拳と養生法の修業をしました。

太極拳の先生は、キュウハイソウという方で、 養生法の先生は、イ・シュンブンという方です。 お二人とも上海体育大学の先生&元先生です。



修業1日目(5月3日)
    
 
まずは、お二人から講義を受けました。
内容は「上海旅行記(完全版)」に書いてありますので、
興味のある方はどうぞ読んでみてください。
芝生に出て修業の始まりです。
養生法の先生から指導を受けるINO。
太極拳の先生からも指導を受けるINO。
1日目の修業は終わりました。
夕暮れ時の記念館、きれいですね。
外は激しい雨。
夜は夜でホテルの廊下でみんなで今日の復習です。



修業2日目(5月4日)

雨もあがって気分爽快。
再び修業です。

養生法 「れんこう十八法」
「首・肩の六法」です。

「れんこう十八法」は
「首・肩の六法」
「胸・腰の六法」
「脚の六法」
から成り立ちますが、
私は帰国後も毎日「首・肩の六法」をやってます。

肩凝りがだいぶ軽くなりました。(^○^)
太極拳、24式の始まりです。
さすが先生はビタッをきまってますね〜。
太極拳は、
「四功六法」と「精華太極拳」を習いました。
24式ではやらない動きもあっておもしろかったです。
十字手から収勢にうつって24式は終わりです。
修業終了。
みんなで記念撮影です。


こんな立派な修了証書をいただきました。(^○^)


<おしまい>