新車速報 【カーセンサーnet】

PR: ビックカメラ.com
PR:車検基本料が最大70%OFF!  格安車検と言えばお宝車検.com!

ユーザー車検は格安です。

ここ何年かは、車検とタイヤ購入、車検と修理など、他の事と組み合わせて車検代の価格交渉をやっていたので、ユーザー車検は受けていませんでした。
今年は、車の調子も悪くないし、特別な割引を持ってくる業者もいなかったので、ユーザー車検を受けることにしました。
今回は早出勤務を利用して、午後からわずかな時間を利用してのチャレンジなので、書類を揃えるのと、車検を受けるのは2日間に渡って計画しました。
平日休みが取れるなら、午前中だけで終わってしまう作業なんですけどね。

ユーザー車検に関する、公式のHPは、下の二つです。

紹介した後で書くのも変ですが、上のHPを見ると、簡単な事が難しく書かれているので、読み込むのは勧めません。
このページに書いてあるぐらいの知識の方が混乱しなくて良いと(自分では)思っています。ヽ(´〜`;)オイオイ・・・

そうそう、車検は完全予約制になってますので、HPから予約する事をオススメします。
↓こちらから予約できます。(電話でもできますけどね)

自動車検査インターネット予約システム

大分運輸支局 大分運輸支局

まずは、書類集めから。

車検でめんどうくさいのは書類集めでしょう。
必要な書類は↓こんなものです。

ユーザー車検 必要書類 陸運支局で揃える書類です。
上から、

「継続検査申請書」
「検査票」
「自動車重量税納付書」

自動車検査証

この中で、上の3枚は事前に用意できるので用意しましょう。
自動車検査証は、いわゆる「車検証」で、車の中にあるはずです。
この車検証の有効期限が切れるので、その前に「継続検査」するのが車検です。

点検記録簿

点検記録簿は省略することもできます。
書類の中で最も面倒くさいのが、この点検記録簿なので、車検を受ける
省略することで、かなり手間が省けます。

点検記録簿の省略

点検記録簿の書き方

省略することもできますが、自分で点検する方のために、記載方法を説明します。

点検記録簿は、決まった様式は無いようです。
普通、車検証や車の取扱説明書などと一緒に車に乗っていますが、どうも書類の書き方がメーカーによってバラバラで、書きにくいし、専門用語が多いのが難点です。
そこで、一般的に出回ってる点検記録簿を利用する方がオススメです。
僕は、自動車検査法人が作っているのが書きやすくてオススメします。
以下にファイルを用意しましたので、ダウンロードして使ってみてください。

点検記録簿ダウンロードはコチラ

ダウンロードして印刷するところまでは簡単ですが、その後どうすれば良いかが問題です。
書いてある事を全部実行するのは大変だし、専門用語もよく判らない。
で、決してオススメするわけではないのですが、自分ではこうしたというのを紹介します。

実は、落ち着いて項目を、よく読むと、ほとんどが日常点検なのですよ。
エンジンは動くか?ハンドルは切れるか?ブレーキは効くか?
というような事を聞いているわけです。
という事は、普通に運転できているなら、当然OKなわけですから、
全ての□に「異常なし」の”レ”を記入して問題ありません。

点検記録簿に関しては、書類的にはこれでOKですが、僕は車検を機会に一応一通りチェックしました。
例えば、ブレーキパッドなど、懐中電灯を当ててみてみれば、パッドがあるかないかぐらいすぐ判ります。
タイヤの溝だってそうです。
こういう簡単なチェックはやりました。

車検を機会に交換したのは、ワイパーのゴムです。
以前からふき取りが悪く見えにくい状態だったので、この際交換しました。
錆びていた金属部分も一緒に交換して2,000円ぐらいでした。

自動車損害賠償責任保険証明書

いわゆる”自賠責保険”です。
車検費用の中で大きなウェイトを占めるものですね。
自賠責保険は何処の保険会社でも入れますが、めんどくさいので、
僕の場合は、車検場で税金を払うのと同時に加入しました。
保険会社との付き合いなどなければ、これで良いと思います。

なお、車検が切れるまで有効な古い自賠責の証書も、受験に必要ですので、新しく加入したからと、捨ててしまってはいけませんので、注意してください。

継続検査申請書

唯一、購入しなければいけない書類です。
OCRシートとも呼ばれています。

大抵運輸支局に併設の建物で売ってます。
大分は、廊下で繋がった「大分陸運会館」で購入できます。
20円でした。(⌒・⌒)ゞ

鉛筆で書く部分があるので注意です。(手本通りに書けばそれで良いのですが)

継続検査申請書

点検記録簿の省略方法

継続検査申請書のチェック項目の中に ”□ 検査済み” と”□ 未検査”いう項目があります。
ここで、”検査済み”にチェックを入れると、点検記録簿が必要になります。
「検査はしていない」という事を明示しましょう。

ここで問題なのが、「検査をしていないのに車検は通るのか?」という事ですね。
それが通ってしまうのです。

”検査を受けて不具合があれば修理する”という考え方のようで、「車検の後から修理する」という旨、
受付に伝えれば、検査はしていなくてもOKとなります。

*書き方は各支局によって違うようです。

継続審査申請書の書き方は、各支局によって違うようです。
しかし、必要書類は同じですので、上記のように主張すれば、どこの支局でも点検簿は省略できます。

また、点検簿を省略した場合、車検合格後にアンケートが送られてくるそうです。
このアンケートに答えればOKです。

検査票

ユーザー車検の窓口でもらえます。
検査結果を書き込む書類なので、自分で書く部分は、ほとんどありません。
必要書類の写真のうち、真ん中の書類です。

自動車納税証明書

自動車税(毎年5月ぐらいに納める税金)を納付した時の領収書です。
ちゃんと保管している人は、それを付ければOKです。

「え、そんなの必要なの?どこにあるかわかんない!!」という方。
ご安心を⇒再発行できます。

↓こんなATMみたいな機械が置いてあって、これで出てきます。(当然無料)
自動車税納税証明書発行機

自動車重量税納付書

車検時に納める重量税の納付書です。
OCRシートを売っている隣の窓口で、納付できます。
収入印紙を購入するので、検査手数料と一緒に払ってしまいましょう。

写真では、下のピンクの書類です。
収入印紙が貼っています。

さて、揃えなければいけない書類は以上です。
次のページでは、僕が実際にユーザー車検を受けて合格に至るまでをレポートしています。
ぜひ、ごらんください。

22年度ユーザー車検体験記