PR: ビックカメラ.com
PR: 【価格.com 自動車保険】あなたにぴったりの保険を探そう!

ドライブ・レコーダーとは、

交通事故など無い方が良いのですが、絶対に無いとは限りません。
万が一交通事故にに遭った、起こした、そんな時に頼りになるのがドライブ・レコーダーなのです。
自損事故ならともかく、交通事故の処理で大変なのが、相手と主張が異なる場合です。
信号が青だったか赤だったかとか、一時停止をしたとかしないとか、
そんな主張が食い違うと解決までは大変な時間と努力、費用が必要になってきます。
主張が食い違ったときに、何か証拠になるものが欲しい、自分の主張が正しいと
証明するものが欲しい、そこでドライブ・レコーダーです。
ドライブレコーダーは、事故当時の車の前方、若しくは後方(後方もけっこう役に立ちます)の
映像を記録していおく装置で、事故当時の状況を客観的に記録します。
これにより、全ての交通事故が円満に解決とは言いませんが、
かなり役に立つのは間違いありません。

役に立つのは交通事故だけじゃない。

常に録画している常時録画タイプだと、事故だけではなく事件にも使えるのです。
例えばタクシー強盗など、一部始終が録画されていれば、事件の解決にも役立つわけです。
また口論が起こった場合でも、証拠として使えますし、「言った」「言わない」の揉め事も解決です。

前と後ろ、独立して撮影角度を調整可能。

GPS搭載 前後2カメラ搭載 ドライブレコーダー.

楽しく使えるドライブレコーダー?

ドライブ・レコーダーは事故対策で保険のようなもの・・・だけではない事を発見してしまいました。
後で紹介しますが、ドライブレコーダーにもいろいろなタイプがあるのですが、
僕が「これは面白い」と思ったのは、フラッシュメモリーに録画できるタイプです。
走行中の車からの映像って、別に交通事故でなくても記録したくなりませんか?
例えば、初めての観光地に行った時、初めて通る橋の上やトンネルの中、
初めて乗った新車からの映像など・・・、残しておきたい映像はたくさんありますよね。
こういった、走行中の動画を簡単にPCに取り込めるのもドライブ・レコーダーの特徴です。
YouTubuなんかにも、走行中の映像がけっこう掲載されてますよね。
ああいった映像を楽しめるわけです。
特にモーター・スポーツをやってる人は、サーキットやダートの走行シーンや、
スタートやドリフト、シーンなども簡単に記録できます。
ドライブ・レコーダーって楽しそうでしょ。

AMAZONのドライブレコーダー

ドライブレコーダーの種類

ドライブ・レコーダーって楽しそうと紹介したばかりですが、
今のところは交通事故対策に主眼を置いた製品が多いようです。

常時録画型

事故とは関係なくリアルタイムに録画する常時録画タイプです。

常時録画しているため、大容量メモリーが必要なので、以前は高価なものが多かったのですが、
最近のメモリー価格下落で、トリガータイプから、常時録画へ、主流が変わってきました。

欠点は事故に関係のない無駄な映像も記録してしまう事です。
しかし、記録したいのは、事故の映像だけではありませんよね。
例えば擦っただけなど衝撃と関係のない事故や交通取り締まり(信号無視、一旦停止など)にも使えます。

衝撃感知型、常時録画型、どちらも一長一短ですので、どちらが自分に向いているかよく検討してください。

パパラッチの常時録画タイプ
PZ-95(M4G)

衝撃感知型(トリガータイプ)

余計な画像を記録しない衝撃感知型は、ドライブレコーダーのいろんな機種がでています。
「事故の発生時のみ映像を残せる」という特徴があります。
衝撃感知型は、
特徴としては、記録する画像に無駄がなく、大きなメモリーが必要ないところです。
衝撃とは関係なく画像を記録する録画ボタンが付いている機種もあります。
また事故が起こった直前の情報も、時間をさかのぼって録画しているので、
心配ありません。

ユピテル(YUPITERU) ドライブレコーダー DRY-R3

最近は、常時録画と衝撃感知型(トリガータイプ)を組み合わせた製品もあります。
このタイプは、常時録画が基本ですが、衝撃を感知すると、その時間の前後の映像を別のファイルにして保存します。
これによって、間違って映像を消すのを防ぐと同時に検索もしやすくなってきます。

キャストレード CJ-DR450 GPS内蔵・ダブルカメラ対応高機能ドライブレコーダー CJ-DR450

最大32GBのSDカード対応により長時間の常時録画が可能
GPS内蔵により Google Maps と
3D Gセンサーによる位置・衝撃を細かく記録。イベント録画も可能。
ツインカメラ対応。オプション(別売)にてカメラを増設可能です。
本体単体でも記録映像の再生が可能

多機能型

続いて紹介するのは多機能型のドライブ・レコーダーです。
ドライブレコーダーの機能だけでなく、カーナビや、レーダー探知機、さらにはワンセグなど、
一台でいろんな機能を備えたタイプが発売されています。

カー用品は、あれこれ凝り始めていろいろ購入すると、ダッシュボード周りが
ゴチャゴチャしてきます。
オールインワンは、省スペースに役立ちますし、あれこれ買うより結局お得なのです。

ドライブレコーダーとカーナビが一体になった高機能機
HYUNDAIヒュンダイ ドライブレコーダー内蔵4.3インチ カーナビゲーション
HCN-43

一体型と分離型

ドライブ・レコーダーにもETCと同じく一体型と分離型があります。
ドライブ・レコーダーの取り付け位置は、フロントガラス上部か、
ダッシュボードの上が一般的ですが、ここに大きなものが来ると目障りなのは否めません。
機能を増やしたり、高性能化したりするほど大きくなりますので、
いよいよジャマな存在になるわけです。
そこで、前方に必要なカメラ以外の本体を別にして、ダッシュボードや足元、
トランク・ルームなどに設置するというタイプが分理型です。
一方、本体とカメラが一体になってるタイプは、確かに目に入る部分が大ききものの、
取り付けが楽という特徴があります。
ほとんどのタイプが接続が必要なものは電源部分だけです。
さらに、電源部に乾電池を使えるタイプもあり、これなどは置くだけという印象です。
さらに置くだけの場合、複数の車に付け替えたり、手に持って歩きながら使って、
ウォーキング・ドライブ・レコーダー・・・なんて、楽しくありませんか?

ECLIPSE/イクリプス ドライブレコーダー カメラ・本体 分離型 DREC3500mk2

こんなのもあります。

本来、ドライブ・レコーダーとして開発されたものでなくても、十分使える製品もあります。
小型でカメラとレコーダーが一体になっていれば良いわけです。
ドライブレコーダーをリサーチする中で、面白いものを見つけたので紹介します。

動くものを感知して録画する小型カメラ&レコーダー

ドライブ・レコーダーは、事故には強いものの、車上荒らしなど、防犯にはイマイチです。
堂々とカメラ&レコーダーを置いていれば、カメラそのものがターゲットになってしまうからです。
そこでカメラの存在を隠す必要があるのです。
そこで「これは使える」と思ったのが、下のカメラ&レコーダーです。
防犯対策に強い見方ではないでしょうか?

超小型シークレットカメラ【Angel-eye】センサータイプ【eモンズ】
動くものに反応して撮影を開始。
超小型なので、カメラがある事を気づかれにくい。
電池で約2時間、AC電源でもOK。

オートバックスドットコム