価格.com自動車保険 比較・見積もり

PR: 中古車探すならこのサイト!メールで見積依頼ができるよ。【カーセンサー】
PR: 【注目情報】一年以内に結婚を考える人が使っているシステムとは?

軽自動車の維持費とハイブリッド・カーの維持費を比較

まずは気になる維持費から検証してみましょう。
維持費と言ってもいろいろあります。
特に税金は定期的に払わなければいけませんし、節約のしようがないので、重要です。
できるだけたくさんの維持費を検討します。

軽自動車とハイブリッド・カーの燃費を比較

ハイブリッド・カーの特徴は、もちろん燃費が良いということ。
モーターとエンジンの高度な融合システムや、高性能、長寿命のバッテリーなど
関係ありません。
結局、燃費が良いかどうか?ですよね。

ハイブリッド・カーの燃費

現在、ハイブリッドで、燃費競争のトップ争いと言えば、トヨタ VS ホンダ でしょうか。
燃費は以下のようになっています。

トヨタ・アクア  :  35.4km/L
ホンダ・フィット : 36.4km/L

どちらも、まずまずの燃費ですね。

軽自動車の燃費

それでは、軽自動車の燃費はどうでしょうか?
こちらの燃費競争は、ダイハツ VS スズキ ですね。

ダイハツ ミラ・イース: 33.4km/L
スズキ アルト・エコ  : 33.4km/L

ダイハツもスズキもガソリン車です。
どちらのメーカーも燃焼効率のUPや車体の軽量化などで燃費向上を狙っています。

軽自動車とハイブリッドの燃費に大差はない。

カタログの数値上は、ややハイブリッド有利ですが、正直言って実際の走行では、実感できるほどの差はないと思われます。
あくまで、カタログ上の数値にこだわるなら、シュミレーションを使ってみてください。
燃費の差でガソリン代を稼ぐのは、相当の距離を走らねばならないことが判ります。

自動車維持費シュミレーション

軽自動車とハイブリッド・カーの税金をを比較

自動車にかかる税金もいろいろあります。
これも、できるだけたくさん検討してみましょう。

自動車取得税

間も無く廃止になるのではないか?と言われている、自動車取得税。
これはエコカー減税が効いて、ハイブリッドも、軽自動車(エコカー)も免税

つまり、どちらも自動車税がありません!よって引き分けです。

消費税

これは、車両本体価格価格にかかってきます。
購入費が高いほど税金が高くなるのですから、当然、安い軽自動車の勝ちです。

重量税

重量税は、新車購入時に3年分、車検の時に2年分を払わなければなりません。
エコカー減税対象車なら、50%減税なのですが、それでも重いほど税金が高いのは当然です。
したがって、重量税は、軽い軽自動車の方が安いです。

なお、重量税は車種やオプションによって重さが違うので税額も変わります。
詳しくは、自動車に関する維持費を説明した↓下のページで確認してください。

維持費の安い自動車とは?

税金は、軽自動車の圧勝!!

以上、説明したように、税金に関しては軽自動車の方が全ての項目で安くなってきます。
税金は節約のしようがないので、少しの差でもジワジワと効いてきます。

軽自動車とハイブリッド・カーの自動車保険

維持費の中で金額の大きいのは自動車保険です。
軽自動車とハイブリッド・カーの自動車保険を比較していましょう。

自動車保険には、自賠責保険(強制保険)と任意保険の2種類があります。

なお、自動車保険自体についての節約方法は以下のページに記載しています。

自動車保険を安くする。

軽自動車とハイブリッド・カーの自賠責保険

自賠責保険は、自動車購入時と車検の時に強制的に支払わされます。
価格は決まっていて以下の通りです。

自家用乗用車(ハイブリッド割引は無い): 39,120円 (購入時の3年分)
軽自動車                   : 36,920円  (購入時の3年分)

わずかな差ですが、やはり軽自動車が安いですね。( ̄▽ ̄;)

維持費の安い自動車とは?

軽自動車とハイブリッド・カーの自動車保険(任意保険)

任意保険は、保険会社によって差がありますので、正確な金額を算出するのは難しいです。
一番良いのは、実際に自動車保険の見積もりを取ってみることです。

自動車保険の見積もりの取り方

ここでは、私の経験で大まかな傾向を書きます。

人身や対物などは、大差ないが・・・

我が家は普通乗用車と軽自動車が各1台ずつ乗り継いでいるし、複数の見積もりを一度に取っているので
比較検討が簡単にできます。

その結果、人身や対物など相手のあるものは、軽自動車の方が安いのですが、正直言って
あまり差が無いと思います。年に数千円の差がある場合もあります。

人身や対物は、事故の確立を元に保険料が決まるので、軽とかハイブリッドとかの区別はなく、
危険な車(事故率が高い車)の保険料が高くなります。

したがって、軽自動車でもターボが付いたスポーティなタイプは保険料は高くなりますし、
カローラのような大衆車は安くなる傾向にあります。

車両保険の差が大きい!

一方、車両保険は自損事故や天災でも関係してくるので事故率ではなく、
車両本体価格によって決まります

要するに軽自動車でも高級な(そんな車があるかは別)車種は、車両保険は高く、
ハイブリッド・カーでも本体価格が安ければ自動車保険も安くなります。

しかし、一般的には軽自動車の方が車両本体価格は安いので、
軽自動車の方が自動車保険は安いと思ってよいでしょう。

どのような車種の自動車保険がいくらかは、保険会社によって大きく変わりますし、他にも条件がたくさんついてきます。
正確な自動車保険料を知りたかったら見積もりをとって比較しましょう。

今はネットで簡単・無料で見積もりをゲットできます。↓

軽自動車とハイブリッド・カーの車検費用を比較

ユーザー車検を一度受けてみれば判るのですが、車検費用の内訳のほとんどは税金です。
したがって税金の高い車の車検費用は高いということになります。

前述の税金比較をごらんください。

ユーザー車検だと、この他に必要なのは、検査手数料だけです。
この料金は、普通車が1,800円(小型は1,700円)、軽自動車が1,100円なので大差ありません。

しかし、ディーラー車検や民間車検場を利用すると整備費と交換部品代を取られるので、これがけっこう差があります。

車両の大きさも関係しますが、ハイブリッドは動力系が複雑なので、価格が高めなのは否めないでしょう。
どの程度差があるのかは、自動車保険と同様、見積もりを取ってみるしかありません。

ネットでは、ホリデー車検 などが一般的でしょう。

また部品交換とまではいかなくても、車検の時は普通に消耗品をチェックしますから、
下記の消耗品の価格差も読んでください。

テリオスキッドの車検 軽自動車の車検場

軽自動車とハイブリッド・カーの消耗品

消耗品で高いのはタイヤです。

自動車の消耗品の中で価格が高いのは、なんといってもタイヤです。
タイヤについては、別にページを作っているのでごらんください。

消耗品(タイヤの安い車)

上記リンク先の記事を読んでいただけるとと判るのですが、ハイブリッドのような普通車のタイヤと、軽自動車のタイヤの価格差はハンパではありません。

ホィール交換でインチアップなどやっていると、タイヤ交換にとんでもない費用がかかることになります。
なんてったって、タイヤは4本付いているのですから、1本辺りの価格の4倍の経費ですよ。
ここは慎重に価格を調べてください。

ハイブリッド・カーのバッテリーは交換しなくてよい。

車を何台も乗り継いでいれば、”バッテリーは消耗品”と思っている方が多いと思います。
確かに昔から使われて、今もガソリン車に使われている鉛バッテリーは消耗品です。
しかし、ハイブリッド車に搭載されている電池は「ニッケル水素充電池」や「リチウムイオン充電池」です。

これらの電池は消耗品ではなく、ずっと使い続けるものです。

ハイブリッド車(HV)のバッテリー寿命と交換

したがって、軽自動車のバッテリーが2〜3年の寿命とすると、3千円〜5千円の交換費用は余計にかかるということになります。

●特許取得:延命活性強化液(ナノカロイド)配合
激安 再生バッテリー

バッテリーの購入と交換はコチラ

その他の消耗品

自動車には、他にもたくさんの消耗品があります。
ウィンドウォッシャー液、ラジエター・クラーント、ワイパーブレードなどなど・・、

これらは、総じて軽自動車の方が安くなります。
これは、ハイブリッドだろうがガソリン車だろうが変わりません。
多くは車の大きさに関連しているからです。

消耗品は大きい車ほど高い!と考えていただくと良いでしょう。

ハイブリッド・カーは得か?